左官屋さんが外壁を塗っていました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
富士市今泉の家の工事の進捗状況を見てきました。
左官屋さんが外壁を塗っていました。
当社の場合、左官屋さんは外貼り断熱材の上から下地塗をしていきます。
網のようなものは「ファイバーメッシュ」と言って下地材と一緒に
塗りこんでいきます。
これが、塗壁のひび割れを防ぎ、地震時の耐震の強化ににもなります。


下地工事の後は仕上げをかけていきます。
壁のパターンは5種類くらいあり、お好みと家のイメージで選べます。



今回は外壁にワンポイントで窓下と壁の一部にタイルを貼りました。
仕上がるとかわいらしい家になりそうです。



完成が楽しみですね。

関連記事

  1. 家の耐震性を増しながら将来のメンテナンス費用を抑える塗壁材

  2. 当社の新しい施工例がホームページにアップされます

  3. もうすぐ3月11日です。①

  4. SAKUYA Nagayamon Diningに行きました。

  5. 世の中がどんなに変わっても家族と生活を守る為に

  6. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック木構造編4(耐…

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング