富士市厚原の家では上棟前の土台を曳きました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市厚原の「ナチュラルアンティークの家」の進捗状況です。
この現場では大工さんが土台を曳いています。


土台を曳いた後は構造用合板の上に床用の断熱材を入れます。

構造用合板がすべて引き終ると雨が降っても濡れないように
シートを一面にかぶせます。
後は上棟(家の骨組みを組む)を待つだけですね。
楽しみです。

関連記事

  1. 富士宮市小泉で地鎮祭を開催しました。

  2. 9月の連休いかが過ごしましたか?2

  3. 地域微動探査協会に微動探査調査を依頼し行いました。

  4. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック木構造編3(耐…

  5. 素材(建材)の違いによるメンテナンス費用の違いのまとめ

  6. またまは行ってしまったお気に入りのランチ(青葉町パスタ亭)

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.01.11

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング