富士市厚原の家は基礎鉄筋の検査をしました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市厚原の「ナチュラルアンティークの家」の進捗状況です。
この現場では基礎工事の鉄筋の検査を受けました。

基礎工事にとっては鉄筋工事はもっとも大事な検査になります。
鉄筋の強度が基礎の強度に比例するといっても言い過ぎではないです。
まずは太さ、基礎の幅に適正にあった太さの鉄筋を決められた間隔で
入れることが大事です。
特に鉄筋同士が重なり合う場所は必要な数値があります。
それらを検査します。



特にこの家は耐震等級を高めに設定しているので鉄筋量や補強している
箇所は一般的な鉄筋よりは多いです。
鉄筋検査が終わると今度はコンクリートを打ち込みます。

関連記事

  1. 富士宮市小泉の現場に行きました

  2. 富士市中里「ナチュラルアンティークの家」上棟しました

  3. 富士宮市青木平「英国風カントリーハウス」の家では気密工事をしました。

  4. 富士宮市大岩の家の地鎮祭の様子です

  5. 自分が住環境に興味をもったきっかけ

  6. 富士宮市外神で「富士の麓の家」では上棟(家の)をしました。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング