後で見えなくしまう、でも気を配りたい断熱材の性能

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市今泉「ナチュラルモダンの家」の現場の進捗状況です。
現場の様子
現場では当社の一押し断熱材「セルロースファイバー」を外壁内に充填しました。


この一見埃のような物が「セルロースファイバー」です。原料は新聞紙です。
専門の職人さんが施工してくれます。
断熱材は家の環境を左右する大事な部分です。
そして一度施工してしまうと後で交換ややり直しはきかない部分です。
内装の仕上げや設備の選択も大事ですが、断熱材の選択にも
気を使いたいですね。

関連記事

  1. 娘の成人式がありました

  2. 土地から求めて家づくりをする方たちは家のプランにどれ位時間をかけている…

  3. 富士市大渕の「ナチュラルアンティークの家」の進捗状況です

  4. ナチュラルアスカの家 「カーサカリーナ」デビュー前勉強会

  5. 映画「うまれる」を視聴しました

  6. 新型コロナウィルスの影響はここまでも

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング