富士市中里の家完成現場見学会を今月の23日24日に開催します

こんにちはアスカ工務店の遠藤です。
今日は富士市中里の「ナチュラルアンティークの家」の現場進捗状況です。

2階部分の天井は照明器具などはついていませんが壁も漆喰で塗り終わっています。
板の部分はパインの無垢材を使っています。


1階は左官屋さんが仕上げの漆喰を塗っていました。
梁の部分はブラウン調に塗装しています。
仕上がればコントラストがきれいですね。


外部は仕上げもおわり完成してますね。
当社のナチュラルアンティークの色合いらしい優しい感じに仕上がっています。
後一月ぐらいの完成です。
この家の完成現場見学会を2月の23日24日の二日間で開催する予定です。
詳しい場所等は当社ホームページで公開します。

関連記事

  1. 富士宮市北山の雨漏り断熱改修の現場では内装の解体工事を始めました。

  2. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック断熱編1

  3. 富士市伝法リノベーション工事は大工さんによる工事が進んでました。

  4. なぜ家の構造材は無垢材を使いたいのか?

  5. 花壇ではいろいろな花が咲いています

  6. 3.11②-1

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.10.20

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング