富士市中里「ナチュラルアンティークの家」で断熱材充填しました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今年もいよいよ押し迫りました。
最後の一日一日無駄にしないで送りたいですね。
今日は富士市中里の「ナチュラルアンティークの家」で
当社の一押し断熱材「セルロースファイバー」の外壁、2階天井面への
吹き込みを完了した様子です。


すごい埃に見えますがこれは「セルロースファイバー」という断熱材を
吹き込んでいる様子。
セルロースファイバーは新聞紙をチップ状にした断熱材
それにホウ酸を混ぜ、燃えない素材にしたものです。
前が見えないくらいに埃っぽいのはセルロースファイバーが
十分壁に充填された証拠です。


家の断熱材など家が完成してしまえば見ることができづ
あまり関心がない所かもしれません。
でも家にとっては家の快適性を一生左右してしまう大事な個所です。
一度は関心を持ってほしい場所です。

関連記事

  1. 一生住む家だから一度は見よう家の構造

  2. 家のデザインへのこだわり

  3. 「もしガソリンがリッター¥500になったら?」

  4. 住宅ローンの金利の実態

  5. ここ吉原地区では祇園祭が開催されます

  6. いよいよ今年も開けました。ねずみ年です。Ⅱ

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.10.20

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング