後で見えなくしまう、でも気を配りたい断熱材の性能

こんにちはアスカ工務店遠藤です
今日は富士市石坂「ナチュラルアンティークの家(平屋)」の工事の進行状況のお知らせです。
現場では当社の一押し断熱材「セルロースファイバー」の外壁面充填をしていました。


セルロースファイバーの原料は新聞紙のチップ材
職人さんが埃だらけになりながら施工していました。
セルロースファイバーとは
セルロースファイバーは断熱効果が高いだけでなく他にも家の為にいい
特徴があります。
おさらいでその特徴をお知らせすると
1、もちろん断熱性能が高い
2、家の中の湿気を調節する
3、ホウ酸が約20%入っていて防火性能がある
4、壁に直接充填する為、断熱欠損がおきにくい
5、エコ建材である。(原料は新聞紙、再生利用が可能)

セルロースファイバーは専門業者が責任施工で工事します。
セルロースが下地の不織布から噴き出ているのは十分充填された証です。
断熱材は家が仕上がってしまえば見えなくなってしまって、気にしなくなること
が普通かもしれません。
でも断熱材の品質、性能は家に住むようになってから、日常生活の快適さを左右します。
一生住む夢のマイホームですから出来れば後で見えなくなってしまう事にも
気を使いながら家づくりをしたいものですね。

関連記事

  1. 勉強会付き、構造見学会を開きました

  2. 富士宮市青木平「英国風カントリーハウス」の家では気密工事をしました。

  3. 今日本は地震世紀に入っている

  4. 住宅ローンの金利の実態

  5. 鉄筋とコンクリートは互いに助け合っています

  6. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック木構造編

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング