地震が来てもひび割れしにくい外壁塗壁材とは

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市石坂「ナチュラルアンティークの家」の工事の進捗状況です。
家の外部では左官屋さんが壁の仕上げをしている所です。
現場の様子



当社の場合、外壁の仕上げは塗壁が多いです。
ただ一般的には塗壁はひび割れが入るといって敬遠されます。
なぜ塗壁がひび割れの心配をするかというと、一般的な塗壁の材料は
モルタルと言って下地材にセメントを混ぜたものを使います。
そうするとモルタルは乾燥収縮が起こりやすいのでひび割れが
入りやすくなります。
外壁のひび割れは家の美観を損ねるだけでなく、ひび割れから雨水とかが
入ってしまい、家本体を侵食してしまうので注意が必要です。

当社の塗壁の場合、セメント系のモルタルは使用せず、アクリル系の
下地に「ファイバーメッシュ」という強いメッシュを外壁に塗りこみながら
下地を作っていきます。
その為、塗壁にありがちな壁のひび割れがほとんどありません。
詳しくは
せっかくきれいに仕上がった家が何年か先にひび割れてしまったら
悲しくなりますからね。
この仕上げが終わるといよいよ足場がとれて完成に近づきます。

関連記事

  1. 今日はカバ材です

  2. もうすぐ3月11日です。①

  3. 富士宮市小泉で地鎮祭を開催しました。

  4. 大ファン ♡

  5. サイディングの欠点1?

  6. 富士市地域のFMラジオ局、「ラジオF」の放送に出演しました。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング