基礎工事は鉄筋の強さが大事です

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市伝法「ナチュラル和モダンの家」の進捗状況です。
最近では基礎工事が進んでいます。
基礎工事

前の私のブログでも言っていますね。
基礎工事の要はなんといっても鉄筋工事。
鉄筋の量、すなわち強度が基礎の力になります。
建物の重さや地盤の強さに応じて鉄筋を組むことはとても大事です。


鉄筋が組み終わり検査後はコンクリートを流し込みます。
コンクリートは均等に流し込むことが大事です。

基礎の高さを一定にしている所です。

コンクリートが固まって枠を外した後は十分に養生期間をもち
(コンクリートの水分を適度に乾かし、コンクリートの強度を上げる)
上棟(家の骨組みを組む)に備えます。
上棟(家の骨組みを組む)が楽しみです。

関連記事

  1. 仕事始め

  2. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」省エネ編1-2

  3. 静岡市葵区新間で地鎮祭をとり行いました。

  4. 家づくりにあたっての業者の選び方1

  5. 消費増税前、迷う住宅購入時期

  6. 庭は今、春の花でまっさかりになろうとしています。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング