30年40年50年確実に家族を守ってくれる構造下地材は

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は「富士市石坂の家」の現場の様子をお知らせします。
現場の様子


外観を撮り忘れてしまったので分かりづらいですが、「ダイライト」という構造用合板を
貼り終えたところです。
この構造用合板は大建工業製で
1、地震に強く
2、火災に強く、
3、シロアリに強く
4、湿気の浸透性が高い

と言う家の構造にとっては大切な特性を持っています。
特に4番の湿気の浸透性がいいという特性は当社は「セルロースファイバー」
という断熱材を標準に使っている為、湿気を吸ったり吐いたりする特徴の
ある「セルロースファイバー」を十分生かしてくれます。
ダイライトについては過去のブログをご覧ください。

屋根の上には瓦屋根が上がっていました。
完成に向かって確実に進んでいます。

関連記事

  1. 富士宮市小泉「ナチュラルモダンの家」上棟しました

  2. なぜ家の構造材は無垢材を使いたいのか?

  3. 新しい施工例のホームページへアップの四回目です

  4. 富士市吉原地区では「吉原祇園祭」が開催されました。

  5. キッチンメーカーの「クリナップ」の商品説明に行ってきました

  6. SOPOの家の基本性能、基本仕様について書きたいと思います。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.01.27

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング