文字どうり丈夫な家は「基礎」が大事

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市中里の工事の進行状況のお知らせです。
基礎工事の鉄筋工事が進んでいます。

現場では




基礎工事の要は鉄筋工事です。
以前の現場の私のブログでもいつも言っていました。
鉄筋を整然とならべ、(当社の場合13mm鉄筋、土間建ち上がり部分とも
建て横20㎝間隔)組んでいきます。

建設工事の中でも後で絶対やり直しが
きかない場所の一つです。
もし、ご自分たちの家を建てるなら、ハウスメーカーや工務店の
担当者に基礎の鉄筋の太さなどの仕様を聞くぐらいの覚悟がないと
将来安心できる家は建ちません。

関連記事

  1. 富士宮市西町で「カーサカリーナ」 の上棟をしました

  2. 会社の花壇のひまわりたちが咲き始めました

  3. 「性能向上リフォーム(三島市大宮町)」耐震工事のポイント

  4. またまは行ってしまったお気に入りのランチ(青葉町パスタ亭)

  5. 今月の27日母力向上委員会さんのファミリーメッセ2013が開催されます…

  6. 「長野県北部地震、新聞報道に驚いて現地を見に行く」6

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング