地震や劣化のよるひび割れがしにくい外壁材とは

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
先日、富士市北松野の家(仲良し姉妹がスクスク育つ家)完了した外貼り断熱材の
上より外壁の仕上げの下塗り材の工事をしました。

現場の様子




サイディング貼りやALC貼りの外壁材は味気ない、
でもモルタル下地の塗壁はひび割れが気になることは多いですね。

写真では分かりづらいかもしれませんがこの下地作業は
外壁を地震などの揺れが原因のひび割れはもちろん、
よく言われる塗り壁にありがちな劣化によるひび割れが、しにくい工法に
なっています。
劣化によるひび割れとは
でもなぜこの塗壁材はひび割れしにくいのでしょうか?
下地の塗りこみと同時に「ファイバーメッシュ」を入れ壁の引っ張り
強度を増しているからです。
このファイバーメッシュを塗りこむことにより、サイディングやALC版貼りのような
外壁のつなぎ目をなくし、雨による漏水などがしにくい構造になります。
この作業が終わるといよいよ外部の完成が近くなります。

関連記事

  1. 太陽光発電のローンの借り方

  2. 富士宮市泉町の「ナチュラルアンティークの家」仲良し親子、2世帯家族とワ…

  3. 毎日が誘惑 ( *´艸`)

  4. 沼津市大岡の現場に行きました。

  5. 富士市伝法「SOPOの家」地鎮祭をしました。

  6. 富士市富士岡「海が見える高台の家」完成現場見学会のお知らせ

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング