家の外壁の劣化はコーキングの劣化から始まります

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市柳島「富士山が見えるロフトが楽しい家」の工事の様子です。
左官屋さんが入り外壁の下塗りに入りました。



当社の場合、左官屋さんによる塗壁が多く、一般的なサイディングや
ALCなどのパネル材はあまり使いません
その理由はパネル材だとどうしても繋ぎ目ができます。
家全体を覆う、パネルなど存在しないので、定尺のパネルを
どうしても使いざるおえません。
そうするとパネルとパネルを繋げるところは
「コーキング」という糊のような防水材を充てんするように
なります。
当社の家は、パネルではなく、家全体を、左官屋さんが外壁の下塗り材で
塗りこんでくれるので、つなぎ目がありません。
その為、将来予想される「コーキング材」の劣化による漏水を
防ぐことができます。

パネル材の劣化による漏水とは
この作業が終わると外壁は仕上げ作業に入ります。

関連記事

  1. 耐震等級が上がるほど重要な基礎補強鉄筋

  2. 今建築中のお施主様よりおみやげいただきました

  3. ナチュラルアスカの家 「カーサカリーナ」デビュー前勉強会

  4. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」省エネ編1

  5. 消費税アップの負担はかわいいかもしれない?

  6. 函南町増築の現場より

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング