資料請求はこちら

高台の白亜の完全二世帯住宅

高台の白亜の完全二世帯住宅

富士市大渕K.I様邸<二世帯>

【家族構成】
(親世帯)大人2+(子世帯)大人2+子供2

【建築Data】
1階床面積:106.41㎡(32.12坪)
2階床面積:39.75㎡(12.00坪)
延べ床面積:146.16㎡(44.12坪)

STORY

オーナー様との出会いはかれこれ10年ぐらい前でしょうか?
今回は二世帯住宅というご希望でしたが、10年程前は親の土地に単独の世帯で建てたいというご希望でした。

ただ、土地の性質が調整区域ということで法律上なかなか思い通りの希望が叶わず、一度は諦めた計画でした。

ただ、このオーナー様にはいろいろとご縁がありました。
近くでオーナー様従兄弟の家を当社で建てさせていただきました。

そんな中、オーナー様からご連絡があり今回、母屋であるご両親の家を解体し新たに二世帯住宅として建て替えたいということでした。

母屋を解体して建て替えていただければ法律上の問題もクリアーできるので計画を進めさせていただきました。

オーナー様の希望は完全二世帯住宅。

玄関、キッチン、LD、浴室などを完全にご両親と別にしたいというご希望です。
私も自分の家を完全二世帯にしましたが、私の場合、妻がフルタイムでの仕事だったので両親との時間帯が合わなかったことでしたが、オーナー様奥様も仕事をされているということでしたので同じような理由だったのでしょう。

後、ご両親は平屋に、ご自分たちは娘さんたちがお二人いらっしゃるということで二階家にしました。
10年前にいらっしゃった時と同様、無垢の床と漆喰塗りの内装仕上げを希望されました。

かなり時間を掛けプランニングをされ着工しました。

子世帯のリビング・ダイニングです。
床は無垢のアカシア材。壁はホワイトの漆喰仕上げです。
建具類はオーナー様が希望され、デザインがご自分好みのリクシルのヴィンティア。
名前の通りビンテージ風の建具です。

シックなホワイト基調の内装が特徴です。
手前がリビング、奥がダイニングからキッチンへ繋がっていきます。

キッチンの横は1畳程のパントリー。その奥は洗面所とお風呂です。

リビング・ダイニングを別の角度で見たところです。

キッチンから奥の洗面脱衣室に向かう動線があります。
右に行けばパントリーです。パントリーからは勝手口につながり家庭ゴミなどを最短で出せるようになっています。

ダイニングテーブル横の棚はここでお主人がパソコンなどの作業をするように作りました。
棚の一番上にWi-Fiのモデムなどを置くようになっています。
この場所なら邪魔になることもありません。

パソコンはダイニング用の椅子をクルッと回して作業をします。
その他の棚は、関連する本などを置く予定です。


キッチンからリビング・ダイニングを見てみました。
南面に面しているのでとても明るい日差しが入ってきています。

奥様がキッチン作業中でも全体が見渡せるようにとご希望でした。
お子様はもう、高校生と中学生と大きいので育児のためではないと思いますが。

やはり、キッチンから主要なお部屋が見渡せるというのは気持ちがいいものだとおっしゃっていました。
ここからだとお部屋を飛び越し、お庭での作業なども覗けますね。

先程触れた、ダイニングテーブル横のパソコンの作業台を兼用した棚です。

よく見るとパソコンやモデムなどのコンセントが見えると思います。
カウンター下のコンセントはプリンター用です。

外部からの電話線と棚上のモデムを繋ぐように壁内に配管を通してあります。

作業用の専用の照明器具も設置してあるので手元も明るく作業が出来ます。

キッチンからパントリー勝手口を見ています。

左の壁面にはオーナー奥様がお希望のメトロタイルを貼りました。

メトロとは地下鉄のこと。
雰囲気から言えば、東京メトロというよりはアメリカニューヨークのメトロのイメージでしょうか?
このキッチンは明るいですが、暗い雰囲気であればジャズでも聞こえそうというのは、イメージ膨らみすぎですかね?


キッチンすぐ脇の洗面脱衣室の扉とパントリーから勝手口が見えています。
洗面脱衣室の扉は内部に湿気がこもらないようにルーバー式になっています。

すぐ横にリモコン類をまとめたニッチを作りました。

ここには給湯器リモコン、インターホン、スイッチが設置されています。

壁の中に引っ込ませて収納したのは、人がすれ違う時に邪魔にならないといこともありますが
まとめておけば、デザイン的にスッキリする感もありますし、10cm程の奥行きの棚に鍵など小さいものを置けるという利点もあります。


パントリーの中です。

収納用の棚は可動式になっていて、置くものによって高さや位置を変える事ができます。

キッチンのすぐ横なので、行き来がしやすく、収納量もそこそこあるので便利に使っていただけると思います。
(この収納の正面側にも同じ棚のスペースがあります。)

そして、この横に勝手口があるので、家庭ゴミなどの一時置き場にもなります。
勝手口が換気ができるタイプなので、ここを少し開ければ、リビング・ダイニングから全体の換気が出来ます。

パントリーからキッチンを見ています。

奥には玄関に続くドアがあります。
家事導線としてはお買い物で買ってきたものを玄関からこちらのキッチンへと直接運びます。
リビング・ダイニングを通らず一直線に来れるので動きやすいと思います。

この家の子世帯は全体的にそうしたのですが、メイン照明をダウンライトにしています。
キッチンの手元灯もダウンライトでスッキリさせていますし、光量的にも作業しやすい明るさだと思います。

キッチン横の給湯器リモコン、インターホン、スイッチを一つにまとめたニッチです。

一箇所にまとめたいというオーナー様の意向もありましたが、デザイン的なすっきり感もあります。

棚の部分には一時置きの鍵などを置く場所としてもいいですし、何かかわいい小物を置いてもいいかな?と思います。


トイレの中です。

キッチンの壁にも採用した種類の違うメトロタイル調のタイルを貼りました。
表面がツルツルしているので、汚しても拭き取りはしやすいと思います。

小さいですが、下が収納になっているトイレ用手洗いを付けました。
タオル掛けも付いていてコンパクトですが使いやすいと思います。

2階の子ども部屋です。

南面に開けていてとても日当たりが良いです。

この写真では小さい子の遊びの部屋のようになっていますが、実際のオーナー様のお子様は中学生と高校生のお嬢さんたちなので、主に勉強部屋になります。

バルコニーもひらけていて広めに取ってあるので、ご家族のお洗濯物などや布団などはご家族分たくさん干せます。
その為ように、この写真は写っていませんが物干し竿がさせる、物干し金物が付いています。

2階の寝室です。

奥のほうがオープン式のウォークインクローゼットになっています。
この部屋も無垢のアカシアの床と漆喰塗りの壁になっています。

漆喰壁はお部屋の湿気や消臭効果もあります。
当社の場合、外壁や2階の屋根にセルロースファーバーという古新聞をチップとした断熱材を充填しているので、この断熱材にも調湿効果があるので、漆喰とは相性が良いです。

室内干し用の洗濯金物も天井から吊っています。
洗濯物も干すので、お部屋の湿気対策は大事ですね。


寝室奥のオープン式のウォークインクロゼットの中です。

奥に見える背の低い白いドアは屋根裏部屋に続くドアです。

当社の場合ウォークインクロゼットの収納レイアウトはオーナー様との打ち合わせによって決めていきます。
この家のオーナー様は服を主に掛けるためにハンガーパイプを付けています。
両側なのでご主人様、奥様のかなりの量の服を掛けることが出来ると思います。

収納レイアウトの例としてはこの部分に可動式の棚などを作る場合もありますが、最初に言った奥の屋根裏部屋にその収納場所を確保しているので、ウォークインクローゼット内には棚等は今回作りませんでした。

ウォークインクローゼットから屋根裏に入りました。

ここの内装仕上げは化粧ベニアのシナベニヤの壁、床は木に見えますがクッションフロアーです。
天井の高さは1m40㎝とあくまでも部屋として認識されない法律上の寸法です。
天井を通常の高さにして部屋として認識されると、固定資産税や構造上の法律上の制限などもでます。

床はあえてクッションフロアにしたのは物を収納するにあたり、引きずったり、積み上げやすくするためです。

オーナー様が住んでからは工夫次第でかなりの量の収納が見込めると思います。
一箇所あると便利ですね。

1階親世代のダイニング・キッチンです。
子世帯同様、床はアカシアの無垢材、壁は漆喰になります。

奥の扉はトイレ、洗面脱衣室、お風呂に繋がる廊下と洋室に繋がる廊下になっています。

ご両親が以前住まわれた家も平屋だったので導線的には短くなっているので問題ないと思いますが
広さが以前よりかなり狭くなったので、荷物の整理が大変だったのではないかと思います。

ダイニング・キッチンからリビングを見ています。

南面に向いているので明るさはかなり取れています。
南面の窓と北面の窓を同時に開けると風はお部屋を一直線に通り抜け換気出来、清々しさも感じられます。

先程書いた、トイレ、洗面脱衣室へ向かう水回りへの廊下や洋室へ向かうドア以外に玄関に向かうドアも見えています。

洋室はオーナー様の妹さんが泊まりに来た時に使用されるそうです。
この洋室からオーナー様子世帯への連絡通路にもなっています。


ご両親の寝室です。

先程書いたように南面に面しているので、日当たりはとてもいいです。

ただ、あまり日当たりがいいと夏の暑い日差しが入りすぎてしまうので、ここで一工夫しています。
後で外観の写真でわかると思いますが、南面の屋根の庇を通用より長めに出しています。

そうすることによって、夏は強い上からの日差しを防ぎ、反対に冬は暖かい日差しを入れる工夫になっています。

朝のやさしい日差しを浴びながら目覚めるのはなんとも気持ちよさそうですね。

ご両親の寝室を南から見たところです。

最初書きましたが、今回の以前お住まいの平屋の家からのお引越しに伴い、かなりの量の荷物を整理されたと思います。

この家ではウォークインクローゼットと兼用の納戸を寝室に作り、収納場所にしました。
広さの成約はありますが、寝室と近いということでは便利さもあると思います。

子世帯、親世帯両方の玄関の位置関係です。

近いと言えば近い、そうでないといえば、そうかな?という距離感だとオーナー様のおっしゃっていました。
ただ玄関のドアのデザインを同じにしたことを考えるとなかなか仲がいい親子なのかなと思います。

外観を正面から見ました。

外観のデザインに関してはオーナー様ご希望のシンプルなデザインですが屋根は洋風の屋根なのでホワイトの壁の感じと合わせると南欧風ギリシャの「サントリーニ島」の白亜の壁の家のイメージしていたのかもしれません。
白亜の外壁が青い空によく生えています。

1階平屋の部分の屋根には太陽光発電が載っています。
最初計画ではなかったのですが、国のグリーン化事業のゼロエネルギー住宅として補助金が出ることがわかり計画の中に入れました。

当社の高気密、高断熱の家では省エネ効果は高いと思います。


外観を横から見た所です。

ご両親の寝室のところで書きましたが、冬の暖かい日差しをお部屋の中奥まで招き入れ、夏の暑い日差しを
シャットダウンするための奥行きの長い、屋根の庇がよく分かると思います。

もともと、富士市大渕の高台の上の土地なので、1階でも景色のロケーションは最高です。
昼間は駿河湾の海まで見渡すことが出来、夜は夜景を楽しむことが出来ます。

この家までは坂を登ってきます。
ある場所へ来ると急に視界が開き、この家が正面に見えてきます。
青い空に白亜の外壁は本当に印象的で美しくカッコいいです。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング