資料請求はこちら

英国風カントリーハウス

英国風カントリーハウス

富士宮市青木平H様邸

【家族構成】
大人2 子ども1
【建築Data】
1階床面積:71.47㎡(21.58坪)
2階床面積:66.80㎡(20.16坪)
延べ床面積:138.27㎡(41.74坪)

STORY

家を建てる場合、外装や内装へのデザインへのこだわりはいろいろな思いから出てくるのではないかと思います。

富士宮市青木平のオーナー様からお聞きした家の外観デザインへのこだわりは意外なものでした。
以前ご夫婦で伊豆方面への旅行先で宿泊した伊豆高原のプチホテルの外観のイメージに合わせたいということでした。

私は現場監督時代、伊豆方面で別荘建築をしていたのでこの伊豆地域には幸い明るかったので早速そのプチホテルを訪ねてみました。

6月の新緑の季節の中、伊豆高原の別荘地にその英国風のプチホテルは建っていました。
ホテルの外観のイメージは英国の田舎の領主の館の雰囲気でした。
上品なオシャレさの中にも規律正しさがあり、外観に使われているタイルが年月を重ね程よい経年を感じさせてくれました。

この新緑の中のプチホテルの前にたたずみながら、これからどのような家のプランを提案していくか?
そんな事を考えながらこの伊豆高原の地を後にしたことを覚えています。

その後オーナー様との長い試行錯誤の後、この青木平の家は完成しました。

玄関ドアを開けたところです。
広めのポーチとそれを覆うブルーグレーのタイルが玄関に品の良さと落ち着きを感じさせます。

玄関を入ったところです。
左奥にはシューズクロークが。
シューズクロークは扉付きで、行き止まりではなく廊下に出れるようになっています。
正面のドアの向こうにはキッチンにつながっています。奥様がキッチンで作業していても来客にすぐ対応できそうですね。
右側の扉はりビングダイニングに続いています。
この家は全体的にそうですが、お部屋のカラーコーディネートはホワイトとグレー、ブルーの色調でまとめられています。

玄関を中から玄関ドア側とシューズクローク側を見たところです。
この撮影時間は朝でしたが、朝の明るい日差しがさしています。
漆喰の壁に反射した光が玄関全体をやさしく包んでいるようです。
シューズクロークが廊下に抜けているところがわかります。その先は二階への階段です。

シューズクローク内です。
この部分は完全にプライベートの分部ですね。
これからご家族が増えて靴がたくさんになってもいいように靴を置く棚をたくさん設置しました。
可動式なので靴の高さ(ブーツや長靴など)によって棚の高さを変えることが出来ます。
床がタイル張りになっているのでここまで土足で入れます。
ここより廊下に出て二階への階段に続いています。

リビングダイニングに入りました。
壁のブルーの分部とホワイトの分部、天井のホワイトの分部と色分けがされています。
左のブラウンのカウンターの先はキッチンになっています。
キッチンからはリビングダイニング全体が見渡せます。

キッチンのカウンターのホワイトの扉は収納になっています。
ここには普段日常的に使う、文具品、救急箱、ティッシュペーパーボックスの買い置き、カメラ、アルバム、金庫、子供のおもちゃ、子供の幼稚園や学校で使う物などが入れられると思います。

オーナー様は照明器具はアンティーク風の物を使いたいというご希望でしたので、その器具の光量の不足分をダウンライトで補っています。

奥に見えるお部屋は個室にもなる洋室です。ランドリースペースも兼ねています。

リビングダイニングの見る向きを変えてみました。
カーテンから漏れる光がお部屋全体の落ち着いた色の配色に変えています。
右奥に見える明るい場所は出窓になっていて、ベンチがぐるっと囲みそこでご家族が語れる場所になっています。

先ほども書きましたがリビングダイニングの収納部分です。
リビングダイニングにはこまごました物入れるスペースが必要です。
身近な場所にこのような収納場所があると便利ですね。

二枚目の写真ですが、アールになったホワイトのカウンターは設置目的があります。
パソコンやスマートフォンなどに必要な無線ランやWi-Fiの装置を置く場所です。

これらの装置は意外と場所を取るので、できれば一か所にそして普段あまり触ることが少ないのでカウンターとは別の場所に置いたほうがいいと思います。

リビングダイニングを反対側から見ています。
右側のキッチンの位置も確認でき、全体が見渡せます。
このようにして見ると全体が広くゆったりとしています。

左側の出窓のベンチ部分がよく見えます。
ここからは富士山も望めることが出来、見晴らしがとてもいいです。夜などは夜景も見られるでしょう。

休日などご家族でくつろぎながらここから夜景など見ながらお酒など一杯は気分もリラックスしていいでしょうね。 
(うらやましいかぎりです)

出窓ベンチ部分です。

座る部分の天板が開けれるようになっていて物を収納出来ます。
この部分の壁は漆喰ではなく、壁紙がアクセントとして貼られています。
椅子の部分の板の塗装は木目を生かした着色仕上げ、他の腰板もそうですが、下部の腰壁パネルはホワイトの塗りつぶしのペンキ仕上げです。

二種類のコントラストが映えますね。
壁紙、椅子の板分部、腰壁パネルと三種類の違う仕上げのコントラストになります。

リビングダイニングの入り口の分部です。

こちらもオーナー様がこの家のイメージに合わせて家具を揃えられています。
というかオーナー様には、ご自分たちの家のイメージが家を計画する前から決まっていて、それに沿って家を計画されているので収まる家具は家ができる前から決まっていたと思います。
デザイン、カラー、イメージに統一感があります。
 

キッチン部分です。

キッチンは当社標準仕様のクリナップです。
床は濡れたり、天ぷら等で油がはねたりしても掃除がしやすいようにフロアータイルという素材です。

食器棚はオーナー様がご自分で探され設置しました。

キッチンのシンク側、カウンター下の箱スペースはゴミ置き場になっています。その反対側の少しわかりづらいですが、壁のくぼみはインターホンの置き場です。
このタイプは移動ができるのでダイニングの方でも置いて使います。

主たる明かりはダウンライトです。
スポット型でかなり明るいです。キッチンの手元はペンダント型の照明器具。お部屋に合わせてアンティーク風になっています。
  

リビングダイニングの奥の個室です。
お知り合いの方が泊りに来られた時に個室として使われると思いますが、それはたまにだと思いますので主にはご家族が使われます。

その場合はドアをあけ放てばリビングダイニングがより広く使えますし日当たりがいいので物干し場としても使う予定です。  
それ専用のフックも設置しました。

中廊下づたいにファミリークロゼット、洗面脱衣室、お風呂と繋がっているので、洗面脱衣室の洗濯機で洗った物を天気がよければ外のウッドデッキで。天気が良くない時やお出かけの時はお部屋のお洗濯フックで干すことができます。

先程の洗濯物干し場にもなる洋室からの中廊下です。
途中ファミリークロゼットを通ります。奥は洗面脱衣室です。普段はこの場所で普段着などを着替えられると思います。

再度ですが、流れとしては奥の洗面脱衣室で洗濯物を洗い、天気がよければ外のウッドデッキで干し、天気が良くない時や
お出かけの時は洋室で部屋干しします。

乾いた洗濯物は洋室で仕分けし、たたみ、たたんだ物はファミリークロゼットで保管します。
季節が変われば服は入れ替えるようになります。

二階への階段と上がりきった場所のアンティーク調アイアン手摺です。
階段の壁も漆喰仕上げ、階段の蹴込の部分の白いところも漆喰仕上げになっています。
この部分はホワイト仕上げになっていますが階段を上がりきると壁の色がパープル色に変わります。
上がりきった所に設置されているのがアンティーク調アイアン手摺です。

この手摺がある分部は普通の壁にしてしまうと変化がなくなってしまいますが、アイアン手摺にした事で圧迫感もなくなりました。


階段を上がりきった二階になります。ファミリースペースです。

この場所は二部屋ある子供部屋に面して広くとった空間です。突き当りは吹き抜けになっていてその先は外部へ出るバルコニーです。

お子さんと夜のお休み前のゆっくりしたご家族団らんの時間を過ごされることと思います。
丁度屋根裏部屋へと上がる階段下に入り口をアールの開口にくり抜いた小さな収納を付けました。

中は本棚のような壁紙を貼っていますが、お子さんの成長と共にかわいい絵本やおもちゃがいっぱい思い出といっしょに詰まっていくだろうと思います。

子供部屋です。
ファミリースペースに面して二部屋並んでいます。
子供部屋も他の部屋同様、この家のイメージに合わせてデザイン、カラーを統一しています。
壁面の壁紙をアクセントカラーとして使用している以外は、漆喰塗です。
今はまだお子様は小さく実際にこの部屋を使うのはまだまだ先だと思いますが、お子様が大きくなって勉強机やランドセルなどを置くようになったら見てみたいと思います。

二階ファミリースペースの吹き抜け部分です。
天井からはこの家のシンボルといえるような大きなシャンデリアが下がっています。
きっと中からだけでなく、夜は外からもきれいにこの家を演出してくれるでしょう。

アールになった窓からはバルコニーに出られるようになっています。
1階の出窓部分と上下で繋がっていて、ここからも富士山が望め夜間は夜景もきれいに見えると思います。
ホワイトの扉は寝室の入り口です。
ここからはご夫婦のプライベート空間。

ご夫婦の寝室です。
アンティーク風シャンデリアと外からの光が壁紙の模様に淡く陰影を落としています。
壁と床と天井の配色が落ち着いた空間にしています。
奥にウォーキングクロゼットが配置されています。

ファミリースペースから屋根裏部屋への階段です。
この部分もアンティーク風手摺になっています。


 

STORYでも書きましたが、この家の外観は英国の田舎の領主の館をイメージしデザインしました。
オーソドックスに左右対称にし、家の中心に一階には出窓、二階にはバルコニーを設置しました。
そして、その部分の一階にはタイルを貼り二階のバルコニーにはアイアン手摺を設置しました。

外観カラーは屋根はブラック。外壁はホワイトです。
一階と二階を分けている幕板の帯が強いホワイトで全体を引き締めています。
アールの窓と窓周りの飾りモールが英国風なイメージを演出しています。

この青木平という場所はもともとは別荘地でした。
山の中腹という事もあり、土地が緩やかに傾斜しています。
その為基礎部分も高低差があり、その高低差を解消する為に階段などの段差を付けます。
その段差の大きい場所に足の長いバルコニーのようなウッドデッキが付いています。
足を長くし、お部屋との段差を解消してお部屋から洗濯物を干せるようにしています。

緩やかな段差を解消する為にエクステリア用擬石、擬木を並べました。
この通路の先にはステージが。
この場所は傾斜を解消のために平らな場所を造りました。
仲間が集まってのバーベキュー大会。外でのリクレーション。お子様のビニールプールの設置。
利用方法はたくさんありますね。

この青木平の地はもともと別荘地だったため高台に位置し富士山がよく見えます。

玄関前駐車場から見る富士山はまるで絵葉書のような佇まいを見せてくれます。
これからのこの地の春夏秋冬の折々の表情を見せてくれそうで楽しみですね。

ストライプガラス付き木製建具、建材建具メーカーのウッドワンを採用しました。
デザインやカラーや質感などお部屋のイメージに合わせました。

ホワイト漆喰と腰壁パネル。
漆喰塗壁は当社の標準仕様。カラーバリエーションが多いのでその中でもオーナー様のイメージに近い色にコーディネートをしました。
腰壁パネルはシナベニアに既製品のモールを合わせ大工仕事でつくりました。
塗装はホワイトで塗りつぶしです。

玄関とシューズクロークの床タイルは名古屋モザイクの「スターミネラル」天然石の荒々しい表情が特徴です。
今回の家ではその荒々しい表情にカラー部分で品のあるイメージに仕上げました。



アンティーク風アイアン手摺。

既製品のアイアン手摺を組み合わせ、家の箇所、箇所にポイントとして使いました。
いつもの日常がその部分だけは周りの雰囲気も手伝い別世界にいるような気にさせてくれるかもしれません。


アンティーク風ライト。

今、ネット上では「アンティーク風ライト」と入れるだけでメーカー問わず、たくさんのライトが出てきます。(写真はオーデリック)

ライトはその持っているデザインでいろいろな場面を演出してくれます。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング