ナチュラルアスカの家

「家族や友人たちとわいわいがやがや楽しく過ごす家」

DATA

富士宮市富士見ヶ丘



【家族構成】
大人2人 子供2人
【建築Data】
1階床面積:87.57㎡(26.44坪)
2階床面積:48.86㎡(14.75坪)
延べ床面積:136.43㎡(41.19坪)

STORY

このオーナー様との最初の出会いは当社へのご訪問から始まりました。

お話を聞いていくうちに、今、実は家づくりを進めている住宅会社があるらしいですが、どうも話が上手く伝わらなく、どうしようか?と不安な気持ちでいた時にたまたま紹介してもらった会社が当社らしいです。

後で分かったことですが紹介してくれた方は去年お引き渡しが完了していた当社のオーナー様でした。
ご縁というのは分からないですね。ありがたい事ですが。

他の住宅会社とお話が進んでいたという事は、すでに土地は購入されていました。
なのでその土地を教えていただきながら以前の住宅会社のプランはありましたが当社なりのプランを一から始めました。

土地は富士宮市富士見ヶ丘。
建築予定場所に行ってみると、川沿いの風光明媚な所。川の水の流れの音しか聞こえない静かな場所で種類は分かりませんが川鳥がきれいな声で鳴いていたのを覚えています。

オーナー様の家へに関するこだわりとご希望はもちろんご家族の生活のあり方をもとにしてのプランではありますが、オーナー様のご主人様は富士宮市の大手会社に勤められていて、仕事の同僚や部下などを
ご自宅に呼んでワイワイやることがお好きらしくリビングダイニングなどの部屋は広めに。
そこからお庭へ出てのバーベキューなどを楽しめる家の間取りにしたいという事でした。

もし集まりが長引き夜遅くなった場合でも同僚や部下が泊まれる部屋があればという希望もされてました。
オーナ様ご主人様のお人柄や同僚や部下への思いやりも感じれて、その楽しい集まりが見えてきそうな感じでした。

時間をかけてのプランの後の着工し完成しました。

まずは外観から

当社はプランニングに関しては例えば3LDKが基本だとか、1階にリビングダイニングとか、お部屋の大きさがいくつまでとか、というような決まりがありません。

まずはオーナー様がどんな生活をしたいのか、どんな子育てをしたいのか、どんな楽しみや趣味があるのかを聞きながらそれをヒントにしながらプランニングしていきます。あくまでも間取り優先で進めますが、当然お施主様はご自分が考えている家やお部屋のデザインや採用したい素材等も希望がありますのでそれはそれで提案しながらプランニングを進めていきます。

家の外観なども間取りを決めながら耐震構造にも配慮し、オーナー様のと決めていきます。

お庭側から見てみました。
1階の大きめの窓はLDKの窓ですが、そこからお庭にはコンクリートのブロックの台があります。
これは、前に書きましたオーナー様が会社の同僚や部下たちを呼んでの集まりにも使われそうです。

少し奥の勝手口。
これも後でご紹介しますが、とても使いやすい倉庫への入口になっています。

玄関横の黒い建物は何でしょうか?
これも室内紹介の時ご紹介します。小さな窓が一か所だけですね。なぜでしょうか?

シンプルですが、モダンな玄関ドアとは対照的な周りのオレンジ色タイルこのあたりにオーナー様の個性を感じますね。

まずは玄関から中に入ってみます。
床はアカシア材、壁は漆喰です。

かわいい造作家具(既製品ではなくオーナー様の希望に合わせて造った家具)の靴入れが見えます。
まずはすぐ右側にあるリビングダイニングに入ってみます。

15帖程のリビングダイニングはキッチンへとつながっています。
窓は南面側に面していて、暖かい日の光が入っています。

リビング用ソファー側に回って見てみると、今入ってきた玄関側のドアが見えます。
正面のテレビ台の裏はモザイクタイル貼りになっています。このあたりの素材選びはオーナー様のこだわりです。
この写真からは分かりづらいですがテレビ台も造作家具(既製品ではなくオーナー様の希望に合わせて造った家具)
として当社で造らしていただきました。

タイルとマッチングした造作テレビ台のカラーもオーナー様に決めていただきました。
今は展示用の当社の小さめのテレビが置いてありますが、オーナー様の持ち込まれるテレビは大画面らしく
このリビングの雰囲気にピッタリ合ってくれると思います。

反対のダイニングキッチン側を見ています。

左奥がキッチンになっていて、キッチン前のダイニングカウンターはこちらも造作家具(既製品ではなくオーナー様の希望に合わせて造った家具)として造らしていただきました。

このダイニングカウンター造作家具には小物など日頃の生活で必要な物を入れる予定です。
下も引違ドア式の収納になっていて、こちらも日用品などを収納するのに使われると思います。
使われているモザイクタイルのデザインとカラーもオーナー様ご指定です。

一番奥より見てみます。

こちらからだと玄関ホールから入ってのリビングダイニング全体が良く見えます。

ダイニングの一番奥に窓に向いた所にカウンターテーブルがあります。

ここはスタディーコーナー。まだお子様は小さいですが、小学生ぐらいになればここで学校の宿題などをお母さんに見守られながらすることが出来ますね。

もちろん奥様がやご主人様がちょっとした事務仕事なども出来ます。
大きな横滑り窓になっていてこの家は川沿いの家なので開放すれば気持ちのいい涼しい風が入ってきます。
玄関ドアを開口すればリビングダイニングの空気を一気に交換することも出来ますね。

ダイニングから続くキッチンに入りました。
先程収納を兼ねたダイニングカウンター越しにリビングダイニング全体が見渡せる位置にあります。
キッチンの奥にタイル柄の場所があります。

左右ともパントリーで可動棚式になっています。
このスペースがあれば食器やナベなどや保存のきく食品なども置くことが出来ます。

振り返ると2階への階段が見えます。
よく見るとその前に扉が。この扉は1階と2階を区切る扉。

オーナー様が寒い冬の時期、2階からの冷たい空気が1階に降りてこないようにとの配慮です。


キッチンを出て右に行くと洗面台が設置されています。
この洗面台も造作家具(既製品ではなくオーナー様の希望に合わせて造った家具)でオーナー様のご希望を聞きながら制作しました。

その過程を少し書きますと

①プランニング時に設置場所と主な使い方などをお聞きする。(高さや幅など寸法まで)

②日頃のご希望の収納品やそれに合わせての大きさなどご希望、完成時のイメージをお聞きする。

③使われる素材。

今回は水回り品という事で日常の使用に支障ないような防水性や傷が付きにくいなどの素材は当社からご提案しました。

④後は色決めですね。ご自分たちのイメージに合うカラーを決めてもらいました。

今回の洗面台の使いかたとしては、洗面脱衣室に入れ込むのではなく、日常的にお子さんの帰宅時の手洗いなど。使う頻度に合わせて場所を設定しました。

洗面台の正面には脱衣室、洗濯室、それに繋がる浴室(ユニットバス)になっています。
先程書いたように脱衣室に洗面台を入れ込まなかったので、脱衣室は広く使えます。

この写真にはないですが、洗濯機の横には洗剤などをを置けるモザイクタイルを中に貼った
ニッチを壁に設置しました。
使いやすさだけでなくちょっとした色のかわいさを感じれば日常も楽しく過ごせそうですね。

6帖程の和室です。

畳は真四角の琉球風畳の色違いの物を互い違いにし設置しました。

この部屋はこの家のご家族が使うというよりは最初お伝えしたオーナー様ご主人様の会社の同僚や部下の方たちの集まりが長引き夜遅くなった場合に泊まれる部屋として使われると思います。
オーナー様ご主人のお心使いですね。

この部屋からは扉一枚で玄関に続く廊下に出れます。

最初のコースに戻りますが玄関にはトイレが設置されていて、かわいい手洗いがこちらもモザイクタイルをバックに設置されています。

落ち着いた感じも壁紙や床の色ともマッチしていますね。


もう一度リビングダイニングへ。

すると先程触れませんでしたが、入り口のドアの横に一見収納に見える箇所があります。
これは何か?

これは当社のオーナー様たちが度々設置される、自動で床を掃除してくれるロボット掃除機「iRobot ルンバ」の基地になります。

ご存じのようにルンバは自動的に動き、床を掃除してくれます。
その収納場所を設置することにより、日常の家事を楽にするだけでなく、ルンバの置き場所への気がかりからも解決してくれます。


こちらも先程触れませんでしたが、階段室の窓です。
決して大きくないですが、階段室の空気を停滞させることなく動かす換気窓になります。

前にキッチン側から見た階段室の入口にドアを付け、冬場など2階からの冷たい空気の流入を防ぐと書きましたが、この窓は反対に夏は1階から2階への空気の対流を助け、冬場などは
1階の暖房などで暖められた空気を2階へと導く窓になります。

家の設計上、このような空気は流れは考えながらプランを考えることは大事ですね。

階段室の壁紙にミッキィーの影が。

いよいよ次回は2階に上がっていきます。
2階も1階同様、オーナー様のこだわりがたくさんあります。

今回は1階から2階へと上がっていきます。
2階への階段を登り始めると途中でミッキィーの影の壁紙があります。

壁紙にはいろいろなキャラクター物があります。ミッキィー、くまのプーさん、キティちゃん、ドナルドなど当社のお客様たちはその使う場所にも工夫され良く採用されます。

階段を登り切り2階の中廊下に出ました。
統一された薄めのブルーグレーの色が落ち着いた中にも統一感を感じさせます。


子供室に入りました。
この家のオーナー様にはまだ小さな女のお子様がお二人いらっしゃいます。

この子たちがかわいくて、当社でのプランニングの打ち合わせ時にかわいいしぐさをいっぱいしてくれ打ち合わせの時間中、気持ちを和ましてくれたのを覚えています。

まだお小さいので、この部屋を独立してお使いになるのは先だと思いますが、将来お二人が小学校等に入られ勉強等にお使いになる為にある工夫をしています。

それは写真を見ればわかると思いますが、将来別々の部屋にする為にお部屋を二つに仕切るようにしてあります。
色違いに壁が分かれているのがその仕切場所です。

壁の色が黄色とピンクですが選ばれたのはオーナー様ご夫婦です。
お二人のお子様の何となくの好みでしょうか?


反対から見たところです。

もちろん収納も別々、内部もお好みの壁紙を貼ってあります。


子供室から廊下に出ました。
廊下にはカラフルなモザイクタイルで飾られた、かわいい造作家具(既製品ではなくオーナー様の希望に合わせて造った家具)
のカウンター式の手洗いがあります。

こちらもオーナー様の希望をお聞きして設置しました。
カウンターは一見すると木に見えますが、使用時に濡れてもいいようにプラスティック樹脂製になっています。
傷も付きにくいので安心できますね。

お子様たちの勉強が終わった後の寝る前の手洗いなどに1階まで降りることがなく重宝すると思います。


この中廊下にはオーナー奥様が希望された役割があります。

それは洗濯物の室内干しが出来る事です。
その為廊下の幅も広くし、外に向かう窓沿いに洗濯物を干す室内干しの金物を天井から設置しました。

この事は、もちろんプランニング中から希望されていました。
オーナー奥様もお仕事をされているので昼間お留守が多いらしいです。

その為不意の雨や夜などの洗濯干しにそなえ、室内干し場所がある事はとても便利だと思います。
そして窓は南面についているので室内にも明るい太陽の光が入ってきていて洗濯物が早く乾きそうですね。

そして、この場所の窓を開ければ、バルコニー部分に外用の物干し場所もあります。
お休みの日など気持ちよくお洗濯が干せますね。




2階の中廊下をバルコニーまで進み振り返ると正面の階段を上がりきった所に高さの低い入口が見えます。
これは屋根裏収納への入口です。

中に入ると広いスペースがあり換気用と明り取りの外に続く窓もあります。
壁紙には階段同様、ミッキィーのキャラクター物を使っています。
主にこの場所はお子様の物やご家族の物の収納です。

丁度お子様の背丈ほどでも出入りが十分なのでしばらくはお子様たちの隠れ家、遊び場になりますね。

丁度この場所は2階の下がり屋根の部分になります。この部分は他の2階の屋根の高さより下げられた部分です。
この部分を下げた事には理由があります。

もともとこの場所は北側に面しプラン上収納部分になる為のスペースでした。
その為、あまり高い天井は必要ありません。天井までの高さは1m40㎝程になっています。
この高さであれば家の広さには法律上算入されません。

その為、固定資産税も抑えられます。
外壁や内壁などの面積も抑えられるので、工事費も下げることが出来ます。

以前他のオーナー様もこの方法を採用されて好評を得ました。

廊下からご夫婦の寝室に入りました。
この部屋もグレートーンのカラーで統一されていて落ち着いた感じです。
一日の疲れも癒されればと思います。




反対から見ています。
奥への通路を進んでいくと。
広めのクローゼットがありその奥にも先程の中廊下にあった入口が。


こちらもご家族用、お子様用と同じ屋根裏収納です。
収納物は主にご夫婦の物になると思います。
丁度、家族用と隣り合わせになっています。スペースはつながってはいませんが、換気窓でつながっています。

反対側には換気扇も付いていて、ご家族用の窓を少し開け、中間の換気窓を開け、換気扇を回せば
この中の換気は取れます。空気がこもりそうな収納場所ですから換気は大事ですね。


階段を降り、玄関ホールまで降りてくるとまだ入っていないお部屋があります。
このお部屋は何か?

このお部屋は完全防音された「シアタールーム」です。
まだ音響設備が設置されていないので分かりづらいかもしれませんが、6帖程の広さです。

防音設備としては外壁には当社の標準採用の断熱材「セルロースファイバー」を住宅で採用する場合の倍の厚さ約21㎝にしています。

セルロースファイバーは断熱効果も高いですが、音を遮断する防音や遮音効果も高いです。
当社の過去のオーナー様たちの中にはやはり「シアタールーム」を設置したり音楽室として使われている方もいらっしゃいます。

過去のオーナー様宅のシアタールームより

外部から見ると「シアタールーム」は他の部分より趣が変わり窓も小さく、防音性を重視しています。
黒目の外壁食の部分。

この家のオーナー様は当初より会社の同僚や部下たちとワイワイと集まりをされることが家づくりの楽しみの一つということでした。
この場所も皆さんでワイワイ仲間意識を高める場所となるといいですね。


玄関横にはもう一つの入口があり、入ると広めの野外品の収納場所があります。
お子さんたちの三輪車はもちろん、サイクリング用の自転車なども入ります。

この場所からは玄関ドアを介さないで外にも出れるドアも設置されています。
お庭で行われるバーベキュー道具の設置や収納も楽ですね。

このオーナ様の家はご紹介したいお部屋や箇所がたくさんありました。

それだけ、オーナ様の家やご家族に対する思いが強かったのだと思います。
これからこの家ではご家族、そして会社の方たちとのイベントが楽しく開催際されると思います。

当社としてもオーナー様の家へのご希望や夢が大きく広がれば広がるほどその実現に向けやりがいがあります。