わが家恒例の庭の柿取りを妻としました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

昨日ですが、わが家恒例の庭の柿取りを妻としました。
冬のまじかのこの時期に丁度庭の柿が食べごろ少し前になります。

ただ取る前に感じたことは例年より柿の数が少ない事です。

取り方は自分が脚立に乗り柿の枝を切り、妻が籠で受ける方法です。
毎年やってますがこの方法が、柿を地面に落として気づ付けることなく
取る事が出来ます。

ただ注意点は、この柿の木はかなりの老木なので、あまり枝に力をかけすぎると枝が
ポキッといきそうです。
自分は脚立作業は日頃やる事がありますので慣れていますが、油断すると枝が折れて
けがをしそうです。

案の定、枝に登っている時、短めの枝を踏んでポキッとやりました。
幸い落ちるまでは行きませんでしたが。

取れた柿の実は妻が、いらない葉などを落として並べます。
取れた数は43個。毎年100個越えはしているので今年は最初感じたようにかなり少なめです。
(鳥さんに食べられている実は2個残しましたが。🐤 残りを食べて)

原因は老木なってなり方が少なくなったのか?
初夏の長雨のせいか?はたまたコロナのせいか?これはないですよね。

いずれにせよ、例年通り、事務所のスタッフや知り合いに分けるつもりです。

関連記事

  1. 富士市神谷で完成現場見学会を開催しました

  2. 今建築中のお施主様よりおみやげいただきました

  3. 雨漏りとシロアリ被害により家の重要な構造材の土台と柱を交換する

  4. 当社オーナー様より綺麗で見ていて楽しくなるラインメールをいただいたので…

  5. オーナー様より1年間当社の家にお住みになった感想をいただきました。

  6. ちょっと早い秋の箱根を満喫しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.11.27

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング