雨が去った後、晴天に恵まれ家の骨組みを建てる建て方をしました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日の記事は少し振り返りです。
先週、外に出る現場確認や地鎮祭などありなかなか落ちいて事務所の机に座っていられませんでした。

話は以前書いた雨で出来なかった富士市富士川の現場の建て方工事です。
雨が去った後、晴天に恵まれ家の骨組みを建てる建て方をしました。

しましたと言っても自分はこの日、ズームセミナーがあったので現場に立ち会う事が出来ず
次の日の早朝に行きました。

 

早朝も7時前だったので大工さんを始め職人さんたちはだれもいません。
でも家はしっかり組みあがってました。

屋根も野路板と言いますが下地の板が貼られていました。
予定では先週の始め屋根屋さんが瓦を屋根に上げる予定だったので、現在の屋根は瓦を敷き始めていると
思います。

当社の場合、家の耐震性を上げるために水平構面と言って、2階の天井面も23㎜厚合板を貼ります。

一般的に厚合板は1階の床、2階の床を貼るだけで2階の天井面は火打ち材という角材で補強します。
ただ当社の場合は2階の天井部分も大地震時に地震力による力で家が変形しないように
2階桁上に23㎜の厚合板を貼ります。もちろん標準採用です。

蓋を閉じた段ボール箱と蓋を閉じないままの段ボールとで比べた場合、どちらが物を入れて運ぶときに
変形しずらいかを考えていただければこの場所の補強が大事かが分かります。

天気に恵まれて工事も順調に進みそうです。

又工事の進行に合わせ現場確認に来ようと思います。

関連記事

  1. 富士宮市北山で、住宅の改修工事を始めました。

  2. ハイビスカスは南国の花?

  3. 基礎屋さんが基礎の底板に砕石を敷いていました。

  4. セミナーに行ったのですが、大阪の街の事を書こうと思います。

  5. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック地盤調査、基礎…

  6. 個別断熱工事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング