今日は静岡市清水区沼田町の現場の事を書きます。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日は静岡市清水区沼田町の現場の事を書きます。

以前にも書きましたが沼田町は朝駆けで行っています。
「アサガケ」とは自分言葉で、まだ職人さんたちが来る7時前とか早朝に現場に行くことです。
時間を有効に使いたいからです。

現場管理は当社の現場監督の海野が日中しているので自分は何か気になる事が
あるかないかの確認だけです。

今日は海野が撮った現場写真を載せます。

現場では当社一押し断熱材「セルロースファイバー」の充填がされていました。

セルロースファイバーは専門の業者に施工を依頼します。
壁の中はもちろん、当然天井裏にも充填します。
専門の業者に依頼するメリットは施工の落ち度がないという事。

一般的に「グラスウール」など断熱材は大工さんが入れます。

別に大工さんの仕事が良くないという意味ではなく、大工さんは内壁を貼る為に
グラスウールなどの断熱材を入れます。
断熱材を入れる仕事はそれ自体は2次的な事です。
その為、多少断熱材の長さが必要長さより短くても壁を貼る為に押し込む事もあるかもしれません。

専門業者に施工を依頼すれば特にセルロースファイバーなどは隙間なく充填してくれます。

ここではセルロースファイバーの性能について詳しく触れませんが
断熱性能が高いだけでなく、お部屋の湿気を整えてくれたり、外からの大きな音の
遮音効果もあります。

当社の家は新築の場合はこの「セルロースファイバー」は標準採用です。

関連記事

  1. 息子の学校の学園祭にいきました

  2. 熱中症対策で考えたい家の性能

  3. 「これから家に求められる性能とは」健康編3

  4. 高齢者の方に頼まれご自宅のプチリフォームをしました。

  5. 富士市大渕の基礎工事が進んでいます。

  6. 「ASOBIBA キットパス」でキットパスのお絵描きワークショップを開…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング