再考家の性能について(失敗しない家のプランづくりとは?)1

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今回から「失敗しない家のプランニングとは」という家づくりで重要なプランニングについての話を書きます。

家づくりをすることってとても大変な事です。
(それって当たり前じゃ~ん)

土地がない方は土地から決めなくてはならないし、資金の心配、家の事など
そして家づくりを頼む業者を誰にするかでも悩みますね。

このような事を生活しながら(会社に行ったり、子育てをしながら、家事をしながら)
しなければならないのです。

業者が決まったら、今度はプランニングや工法など。

悩むことがあまりに多い。

そして、結局、決めきれなくて、「ハスメーカー(セキスイ、大和ハウスなど)」
なら間違いないだろうと家の価格が高額な事を承知な上で、決める方も多いかと思います。

こんな大変な家づくりをされている方に家づくりのプロとして、アドバイスするといたら、
どんなことが参考になるのかなと思い、書きたいと思います。

「お話ししたいことがたくさんあり、ぶつ切りになりますが、それは
次回かその後お伝えしていきたいと思います。」

今日は「家のプランニングについて」

まず大事なことは、家のプランニングをやるタイミングは自分たちが建てたい家の
概算でもいいので、総予算がわかってからやることです。

(家の総予算を決める方法ですが、当社では事前に無料の「家づくりライフプラン」を推奨しています。
特に土地から家づくりの資金が必要なご家族には家づくり資金が高額にある為、このライフプランを
他の方法で安全家づくり予算が分かっているご家族以外はほぼ必須にしています。)

詳しくはお問い合わせください。

よく当社に来ていただいたお客様から聞く話ですが、他社の建設業者や工務店の人がよく

「プランはサービスしますのでやりませんか?」

と、初めて会ったばかりなのに言うらしいですが、建てたい家の総予算がわからない状態で
家のプランニングをしても たまたま偶然、もし予算的にピッタリなプランニング(間取り)
になればいいですが、それを超えたり、反対に自分たちの理想から
かけ離れたものになった場合、あまり意味がないように思います。

そしてプランニングは設計士さんに「自分たちの生活スタイル」を十分に伝えること。

「自分たちの生活スタイル」については又他の機会にお伝えします。

これが伝えきらないと、後で必ずと言っていいほど後悔します。

誤解を承知で言わせていただければ、自分や家族の生活パターン

朝、起きてまず何をするか、夜は何をして何時に寝るかなど
これっていうと恥ずかしいとか、というような事なども
出来れば、伝えてもらったほうが、かなり自分にあったプランニング(間取り)が
生きてきます。(生活しやすくなります。)

家のプランニングについては、又お知らせします。

今回のポイント

1、家のプランニングをやるタイミングは自分たちが建てたい家の概算でもいいので、総予算がわかってからやる。

2、設計士に「自分たちの生活スタイル」を十分(一見言うと恥ずかしいと思われることも事なども)
  に伝えること

このイラストはイメージです。今時手書きでプランは書きません。

関連記事

  1. 6年前に引き渡しをしたお施主様の家に行きました。

  2. 今日は木曜日なので朝から社員全員で社内の掃除の日です

  3. 「SAKUYA 長屋門ダイニング」もうすぐ完成ですね

  4. 家へのこだわり

  5. 産経新聞にFIT法「固定価格買取制度」についての記事が気になりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング