資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望 友だち追加

昨日は毎年恒例の自宅の庭の柿取りを妻としました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

久々のブログ更新です。
事務仕事が溜まりに溜まってしまい、そちらに気をとられました。
一つの事に集中しすぎると他に目がいかなくなるいつもの癖です。

と、言い訳してもしょうがないので続けます。

昨日は毎年恒例の自宅の庭の柿取りを妻としました。

自宅にはおそらく父が植えたであろう
柿の木の老木があります。
自分が小学生2年ぐらいからありますから樹齢はそこから数えても45年以上。
おそらく50年以上かもしれません。
ここ10年ぐらい、柿の収穫は毎年の
自分の役目になっています。

木に脚立を立て私が柿を切り妻が
下で受けます。
老木なので、かなり枝が弱くなっていて
うかつに力をかけられません。
一応、木造住宅の現場監督経験があるので、脚立と枝への力の掛け方のバランスを考えなが柿を切っていきます。
鳥さんの食事用に数個残して作業は終わりました。


今年、約50個ぐらいが収穫できました。去年が確か80個ぐらいだったので
かなり減りました。
これも最近の気候変動の影響か?と思いをめぐらしました。

取った柿は私の事務所スタッフや妻の仕事場の同僚に分ける予定です。
柿をきれいに拭くのは妻の仕事です。

この作業が終わると庭は冬支度に入ります。

関連記事

  1. 静岡市葵区新間の家のご紹介です。3回目です。

  2. ポアポアさんのイベントに参加しました

  3. 木の特徴を知って使い分ける

  4. 富士宮市外神の完成現場見学会の 準備の様子を見てきました

  5. 基礎の出来が家の強さを左右します。

  6. 家のプランニングはどれだけ時間をかけたらいいか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング