「大地震が来ても家が倒壊せず、その後も安心して住み続けられる家」

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

最近思う事ですが、地震が多いような気がします。
それもそんなに大きな地震ではないですが、マグニチュードにすると2~4ぐらい。

  長野県神城断層地震(2014年11月22日 筆者撮影)

日本地震マップを見ると6月に宮城県沖、北海道沖、十勝沖などは4クラス。
静岡県西部にも6月13日に2回マグニチュード2~3クラスの地震が来ています。

私は家を建てていることもありどうしても地震には敏感です。

いつか来る来ると言われながら警戒されている南海東南海東海地震も30年間に
起こる確率が70%以上と言われています。

地震は過去予知ができるといいながら、いつ起こるかわからないので皆さんいつもは
忘れています。

でも家を建てたいと考えているのならこれは絶対大事な検討事項です。

地震に備えるためには、家の耐震性を上げることが大事ですが一般的には
これも分かりづらいですね。
耐震等級が1とか?2とか?3とか?構造計算がどうとか?

私たちは日々仕事でそのような事ばかりを考えているので分かっていますが
一般の方は分かりづらいです。

ではこう言ったらどうでしょうか?

「大地震が来ても家が倒壊せず、その後も安心して住み続けられる家」

大地震が来ても倒壊しないのはあたりまえ。
地震後も安心して住み続けられる家を建てることが家づくりの大事な目的の一つだと思います。

家の耐震性能に関しては過去のブログでもたくさん書いてきました。
家についてよく勉強されている人はそんな事知っているよと言われそうですが、
大事な事なので次回から分かりやすく書こうかと思います。

関連記事

  1. 「家族でナチュラルライフを楽しむ家」 施工例 最終

  2. 東日本大震災を振り返る 3 (2016.11月)

  3. 「家の温熱環境」の勉強会に行きました

  4. 沼津市大岡の現場に行きました。

  5. 富士宮市宮原の現場では基礎工事が進んでいました。

  6. 富士宮市外神では制振装置を付けました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング