お部屋のイメージを演出するナチュラルインテリア

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日はお部屋のインテリアの話、それも腰壁について書こうと思います。

腰壁とはお部屋の壁の低い部分。床からだと1m位を無垢の木などを貼る事をいいます。

貼る理由はワンちゃんネコちゃんなどを飼っていて、本来の漆喰などの壁をかじられないように
したいといとか。リビングでくつろぐための背もたれにしたなどをよくオーナー様より聞きますが

やはり、インテリアの一部として無垢の木の木目を楽しみたいとか、木の香りを感じたいとか
身近に木という自然に触れたいのかなと思います。
確かに腰壁をしたお部屋は見た印象が優しく感じます。

1.玄関に入った所の正面の階段にパイン材の腰壁を貼りました。
 床やドアなどもパイン材なので合わせた感じです。

2.このケースも玄関に入ったところです。木目の強い(木目が目立つ)杉材を貼っています。
 床は樺材の木目がやはり強い種類を貼っていて合わせました。

3.ダイニングの奥の部分にパイン材の腰壁を貼りました。
 淡いベージュ色の漆喰壁に合わせました。

4.ダイニングカウンターの下にパイン材を貼りました。
 前記の腰壁は木目を出す為に自然塗料のクリアー仕上げにしましたが、この腰壁はパイン材を
 貼ってはいますが、木目をわざと潰す被膜系の塗料を使い、フレンチ(フランスの田舎)ぽい
 印象にしました。

明日はこの続きをします。

 

 

関連記事

  1. 富士宮市外神の現場の工事進行状況を確認してきました

  2. 家の耐震性を増しながら将来のメンテナンス費用を抑える塗壁材

  3. 当社で今、キャンペン中の家「カーサ カリーナ」が雑誌「&home」に掲…

  4. 富士宮市宮原の家「ミニシアターのある家」のご紹介の2回目です。

  5. 「性能向上リフォーム(三島市大宮町)」耐震工事のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング