資料請求はこちら

最近気になる事。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
最近、台風や台風に匹敵するような大雨による被害が多くそして激しくなっています。
私の記憶ではありますが過去の台風やお大雨被害は確かにありましたが
今のように大雨が降る度に、崖崩れがおこり、家が流され、川が氾濫し洪水になり
行方不明者がいっぺんに何十人も出るという状況は頻繁にはなかったような
気がします。

                             ネット記事より
まずはこのような状況になってしまった被害者の方々にはお見舞いやお悔やみを
申したいと思いますが、なぜこのような事態になってしまったかを、素人ですが
私なりに考えてみると、日本の治水事業が今の状況をカバーできなくなって
来ているのではないかと思います。
確かに今までも大きな災害はありました。そのたび市や県など地方の行政は
その状況にあわせて川の堤防を広げたり、側溝を整備したりしてきました。
ただ、商業地の開発、住宅地の開発、街の整備、道路整備など数々の開発が
進むにつれ、それにより必要な大工事になる末端の下水工事や河川工事が
追いついていないのではないかと思います。
それに直接影響かはわかりませんが雨が多いのは地球温暖化の原因も
考えられます。
今の状況が続くとなるととても心配です。
日頃お客様より家を建てるための土地の紹介をご依頼されると
市のハザードマップを見ることがあります。
特に伊豆方面だと狩野川などの河川の近くは浸水する恐れのある
地域も示されているからです。

今の天候状況は注意が必要です。
特に一生モンの家を建てる場所には付近の状況も見極める必要があります。

関連記事

  1. プロをうまくつかおう6(プランニングの進め方2)

  2. 台風の為、基礎工事のコンクリート打ちの延期

  3. 島根から仁多米が届きました

  4. 家づくりにあたっての業者の選び方2

  5. 富士市松本「こだわりアートコーナーのある家」基礎工事進んでいます。

  6. 富士市中央町2世帯住宅の家もうすぐ着工します

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング