今日はアンティーク栗

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
昨日から無垢材の特徴の話を書いています。
昨日はカバ材でした。
今日はアンティーク栗材です。
自然素材         (Natural material)
アンティーク栗(エイジング加工)
もともと栗材は古来の日本でも材質が硬く、タンニンが含んでいて腐りにくいため家の
土台などの構造材や線路の枕木にも使われていたそうです。
そしてこの栗フローリングはエイジング加工を施してアンティーク調に仕上げています。
元々、荒々しい木目が特徴の栗ですが、エイジング加工を施すことで非常に表情豊になります。
エイジング加工とは、特殊塗装の一つで、実際は新しいフローリングを何年も前から
そこにあったかのように、わざと年代を感じさせる様に塗装する技法です。
また、この仕上げだと少しの傷くらいでは目立ちません。その為によく
カフェやブティックなどの床にも採用されることがあるようです。
当社のオーナー宅でもアンティーク調やレトロ調のイメージに仕上げにする場合採用されます。
前記しましたが硬く、キズが付きにくいためお手入れはしやすいです。
仕上がると個性的で豪華さがあります。


無垢床材のメリット、デメリットを体験出来る当社オーナー宅へのご見学ができます。
実際の年数の経った床材と様子などを見ることやオーナー体験談も聞くことが出来ます。

各床材を採用した当社オーナー宅の見学を予約する。

関連記事

  1. 既存の間取りをどう変える?

  2. 「 コアラのマーチ 」

  3. 富士市のFMラジオ局「ラジオF」出演しました。

  4. 家の熱がどんどん逃げていく真冬の怪とは?

  5. 吉原つくし祭りが終わるといよいよ秋になります

  6. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック断熱編2

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング