将来のメンテナンス工事費を抑える1

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は一般的に使われる外壁材サイディングの欠点について書こうかと思います。
一般的に家は築年数は約10年から15年で外壁塗り替えのメンテナンスが必要です。
外壁材で一番多いのはサイディングといって窯業系と金属系などがあります。
サイディングの家

一般的によくつかわれているサイディングですが、大きな欠点が二つあります。
一つ目はサイディングとサイディングを繋いでいるコーキングの劣化
二つ目はサイディング本体の劣化です。
1.コーキングの劣化
まず、サイディングは板同士の合わせ目や窓などの開口部にはコーキングという
ボンドのような糊のような、柔らかいつなぎを充てんします。

そして、このコーキングは打たれてからずっと外部に露出状態になります。
そうすると雨や紫外線などでだんだん劣化が進んでいきます。
特に北面以外の南、西、東は太陽にあたる時間が長いので劣化が進みやすいです。
劣化した外壁


劣化が進む前にメンテナンスの塗装をかければいいのですが、それを怠るとどんどん
劣化が進みコーキング自体がひび割れてきてしまいます。
コーキングにひびが入いるとそこから雨などの水がどんどん家の中に入ってきます。
入った水はだんだん中の材木などを腐らしてしまいます。
水が浸透して外壁内が腐った例

10年ぐらいならサイディングの板本体はまだ劣化はそんなに進んでいませんが
コーキングは粘性がなくなってしまうので打ち直しが必要になります。
2.サイディング本体の欠点。
サイディングは木質系、繊維系など窯業系があります。
これらは、新品の時にはコーティングがしてありしっかり自然の風雨から守られています。
サイディングの板の保証期間は価格帯によって2年、5年、10年。
住宅ローンを完済する35年以上は持たせたいのにメーカーの保証期間はせいぜいそんな期間です。
では後は、どうしたらいいのかというと、お施主さんたちの個々の塗り替えなどのメンテナンスが必要になります。
ただメンテンスを怠るとサイディングは紫外線による表面の劣化、コーキング劣化などによって漏水になったり、
サイディングに大きなそりが生じたりします。
劣化のサインはチョーキング現象

写真ように手で触ると白くチョークのように付きます。
これは表面のコーティング剤が紫外線と雨で流れてしまい、中のカラーの部分の
塗料が露出した状態です。
この状態をほっておくと、水がどんどんサイディングに浸透します。
コーキングやサイディングの割れや剥がれや浮き


紫外線が確実に家の劣化を進めていきます。
次回は特にコーキングの劣化が進まないように当社の家がとっている工法をご紹介します。

関連記事

  1. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック断熱編2

  2. 家づくりライフプランのお薦め

  3. 「こだわりアートコーナー」がある家」では大工さんが建物の骨組みの補強を…

  4. リーフォーム現場(静岡市葵区)3

  5. 「ひまわり」は台風に負けないで頑張っていました。

  6. 地鎮祭の意味と意義

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング