基礎工事完了の作業について

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
富士市柚木の現場の続きです。
前回は基礎工事について書きました。
今日は基礎工事完了の作業についてお話します。
基礎工事の後は、上棟(家の骨組みを組む)に向けて土台を組みます。
土台は木造の柱を建てる大事な部分です。
土台は地面に一番近いため防蟻工事(シロアリ対策)をします。
当社の場合の防蟻工事は最近ホウ酸を使っています。
セルロースファイバー

ホウ酸とは当社の標準断熱材「セルロースファイバー」にも約22%ほど混入する薬剤です。

薬剤といっても基本的に人体には影響がありません。
眼科で目を洗顔したりすることに使われます。


このホウ酸を床の構造パネル1枚1枚噴霧していきます。

噴霧完了後、パネルを土台に伏せていきます。

ホウ酸は基本水溶性のため強い雨には流れだす恐れがあるため
雨に当たらないようにシートを掛けます。
この状態で上棟を待ちます。

関連記事

  1. 「家族でナチュラルライフを楽しむ家」 施工例 最終

  2. 国立新美術館のルーブル美術館展に行って来ました。

  3. 「家づくり計画診断セミナー」を静ガスさんのエネリアショールームで開催し…

  4. 富士宮市粟倉で完成現場見学会を開催しました。

  5. 函南町増築工事上棟しました。

  6. Halloween

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング