資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

ブログアップ  チリ地震は対岸の火事か?

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
チリで 2014年4月3日、マグニチュード8.2の地震が発生しました。
ほぼ地球何周なので日本には影響はないかと思ったら
朝から日本全国で津波情報が出されました。
東日本大震災の傷跡がまだ癒えていない東北の方たちには
津波の注意報はどうしても悪夢を呼びおこされたと思います。
幸い大事にはい当たらず沈静化したようですが。
災害と言えば最近発行された富士市の広報「ふじ」の
過去に学ぶ富士の災害史を思い出しました。
広報ふじ

この広報には1854年11月4日発生したマグネチュード8.4の「安政東海地震」の
様子を地域ごとに載せています。
当時の新聞?のような記事から読み解くとこの地震は伊勢志摩から伊豆に
至る当時の震災後の様子がかかれ、静岡県では沼津から天竜川河口まで大きな
被害が出たと書いてあります。
特に「吉原丸焼け」  「富士川には水がなく歩いて渡る」  「岩淵半分焼け、後はつぶれる」
という記事には笑えません。
すべて自分の地元だからです。(当社は吉原地区にあります)

チリ地震は対岸の火事ではなく、震災は自分たちにいつ降りかかるわからない災害です。
自分は家づくりのプロなので何に意識したらいいか考えさせられた地震です。

関連記事

  1. 文字どうり丈夫な家は「基礎」が大事

  2. 久々IKEA港北店に行きました

  3. 「家のプランニング(間取り)の進め方」9 展開図の重要性

  4. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック断熱編1

  5. 住宅性能評価証明書をとるメリットとデメリットとは?

  6. 東京目黒の家具屋めぐりをしました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング