資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

制震装置の採用

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
最近、耐震と制震はどう違うのかという質問を受けることがあります。
日本は言わずと知れた地震大国。
30年以内に東日本大震災クラスの地震が起こる確率は70%以上という話も
あるようです。
特にこの地区は静岡県で東海地震が来る来るといわれながら何十年も
経っています。
こんな地区だからこそ地震への備えは必要だと思います。
話が最初に戻りますが、地震への家の備えとしては耐震、制震、免震という
考えがあります。
耐震は筋違や耐震パネルを使って家の強度を上げることによって地震に抵抗する。
制震は制震ダンパーなどを壁の中に入れて建物に代わってエネルギーを吸収し、
建物本体の損傷を低減します。
免震は地面と建物の間にゴムなどの免震装置を介することで、地震の揺れを受け流す構造。

どの方法も優れた方法かと思いますが、今回は制振装置を採用してみました。


一般的な筋違

制震装置は大きな変形を生じても損傷しないようにあらかじめ設計されているため
繰り返しの地震による建物の損傷に強いといわれています。
取り付け費用はだいたい40万円から50万円かかります。
もしもっと詳しく聞きたいことがあればご連絡ください。
ナチュラルアスカの家 アスカ工務店
https://www.n-asuka.com/
info@n-asuka.com

関連記事

  1. 熱海市、興亜観音に行きました。

  2. お施主様の家を住宅雑誌に掲載用の取材をしました

  3. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)屋根裏検査

  4. 東京へ出張しました

  5. 「家のプランニング(間取り)の進め10 造作家具が住む人らしさを演出す…

  6. 北松野(仲良し姉妹がスクスク育つ家)では見学会を開催しました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング