お施主様の思いと職人さんたちの思い

こんにちはアスカ工務店の遠藤です。
昨日は富士市神谷の家の上棟をしました。
この日は天気も良く、上棟にはもってこいの日、工事も順調に進みました。

工事が夕方には終了し、当社恒例のお施主様と職人さん、担当業者との
顔合わせです。
この顔合わせの意味は普段なかなかお施主様に合う機会がない職人さんに
お施主様の顔を覚えてもらい、この工事に参加させていただいたことに感謝の
気持ちを持っていただきたいからです。


今回はお施主様がこの家を建てることへの思いを語ってくれました。
普段、現場は職人さんなどプロ集団で仕事をやっています。
でも、工事完了後はここで何十年とお施主様たちが生活をされます。
そんなお施主様の思いを汲みつつ、いつまでも安心、安全に住んでいただけるような
仕事をしたいと職人さんたちも思ってくれたと思います。
今日の上棟の労をねぎらっていただきお弁当をいただきました。

明日は今日の続きの工事をします。

関連記事

  1. 省エネ住宅、高断熱住宅の違い

  2. 将来のメンテナンス工事費を抑える2

  3. 台風のなかでしたが地鎮祭を開催しました

  4. 富士市柚木の二世帯住宅の現場確認に行きました。

  5. 静ガスのエネリアで家の温熱セミナー開きました

  6. 11月7日8日は富士宮市淀平町で完成現場見学会を開催しました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング