富士市厚原の「ちょうどいい家」 では断熱材セルロースファイバーの吹き込みをしました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
先日富士市厚原の「ちょうどいい家」 では当社の一押し断熱材セルロースファイバーの
引き込みをしました。

綿ぼこりのような浮遊物がセルロースファイバー


セルロースファイバーは新聞紙のチップ材から出来ているため、自然素材であり
リサイクル素材でもある為環境にも優しい、今注目されている高性能断熱材の一つです。
施工中

セルロースファイバーは家の外壁面に強い圧力で吹き込みます。
その為勢いで吹き出してしまいます。
屋根裏の状態

ぱっと見はゴミがたまってしまった屋根裏のようですが2階の天井にも
厚くセルロースファイバーが積っています。
このセルロースファイバーが家をすっぽり包み冬暖かく、夏涼しくし、
エアコン代などの光熱費を抑えてくれる役割をしてくれます。

関連記事

  1. もうすぐ本格的な春になります

  2. 今日は「土地から求めて家づくりをする方たちは家のプランにどれ位時間をか…

  3. 住宅ローンは固定金利、変動金利どちらがいいと、考える前に

  4. 理想的な家づくりの為に大事な事

  5. 改修した店舗のオーナーよりお歳暮をいただきました。

  6. 構造を見なければ決められない 

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.10.20

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング