「パッシブデザイン協議会」のセミナーに行ってきました。

こんにちはアスカ工務店の遠藤です。
昨日は「パッシブデザイン協議会」のセミナーに行ってきました。


パッシブとは「受け身とか消極的」という意味。
パッシブの反対語はアクティブ。
「活動的とか積極的」という意味です。
でも家づくりにおいての「パッシブデザイン」は本来の言葉の意味の消極的とは
少し違うような気がします。
家を取り巻く周辺の条件環境、例えば地域性、立地、方位、隣接環境を考慮に入れながら
自然の「太陽・風・空気・熱(暑さ、寒さ)」をなどを積極的に建物内に取り入れて、
住宅内部の環境を良くしようとする意味合いです。

会場は東京池袋「自由学園 明日香館」
建築を勉強した人なら一度は聞いたことがある「フランクロイド ライト」の設計です。

関連記事

  1. 産経新聞にFIT法「固定価格買取制度」についての記事が気になりました。…

  2. 富士市大渕で地鎮祭を行いました

  3. 台風のなかでしたが地鎮祭を開催しました

  4. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」健康編6

  5. 富士宮市宮原の家「ミニシアターのある家」のご紹介の3回目です。

  6. 先日ですが「家づくり計画診断セミナー」を当社の打ち合わせ室で開催しまし…

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング