資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

地鎮祭の楽しい見方

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は当社のこれから着工する家の地鎮祭の様子です。
富士市広見町の家地鎮祭の様子


地鎮祭と言えば工事の安全と、家が完成した後この地に住まわれる
お施主さんの繁栄を願う神事ですね。
写真のように4本の竹をたてその周りを荒縄で囲い(神籬ひもろぎ)、東西南北紙垂(しで)と
呼ばれる半紙をねじったような形の紙で結界をつくります。
この四角に囲われた場所に神主さんが神様を呼びます。
そしてお供えのお神酒や供物を捧げて工事の安全などを祈願します。
降神の儀と言います。
地鎮祭は祝詞などを神主さんが読まれますが独特の口調にお施主さんの
赤ちゃんなどがびっくりしてなくことがあります。
こんな時は「赤ちゃんは生まれたばかりで、神様に近い存在だから
きっと降りてきた神様が見えて驚いて泣くんだよ。」
と言ったりします。
本当に赤ちゃんに神様が見えているかどうかはわかりませんが、
目にみえない、たくさんのこの地の八百万の神様が来られて、お神酒や供物を勢いよく
食べて帰って行く、と考えると地鎮祭も楽しくなりませんか?

地鎮祭でお供えしたお神酒や供物はお施主さんにぜひ持ち帰っていただいて
料理して食べていただきたいと思います。
地鎮祭が終わって神様が口にされた物をいただく事までが、ご家族の繁栄や健康にもつながる
大事な儀式だと思います。

この家の完成イメージパースです。

関連記事

  1. 予定変更、山梨県にドライブしました

  2. 家づくりがしたいと思ったら参加していただきたい「勉強会」

  3. 工務店の見極め方

  4. ちょっと早い秋の箱根を満喫しました 2

  5. 富士宮市宮原の「オーディオルームのある家」に行きました。

  6. この家でご家族で楽しく、過ごしていただければと思います

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング