家は買ったとたん不良債権?

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は家や土地は財産なのか? という話をします。
家や土地は不動産ですから、それは財産ですね。
財産ということは、経済的価値のあるものです。
では、もし、その不動産である家が売れない又は買った時より価格が下がってしまったら?。
それは、もう財産とは呼べないわけです。
買い手がつかない家、それは不動産ではないんです。
お金にならないわけですから、財産ではありません。
そもそも、不動産は需要と供給のバランスで価値が決まります。
誰もがほしいところは当然高くなるし、欲しくないところは安くなる。
中には、ただでもいらないという不動産もあるわけです。
よく聞く話ですが、住宅営業マンが、土地や家の購入を迷っていると
「家や土地は財産になりますから、ご家族の将来の為にも絶対買った方がいいですよ。」
と言う話をするそうです。

もっともらしい言い方ですが、それは一昔前の事。特にバブル景気の頃には
「土地神話」と言って買った土地はどこでも必ず価格が上がったころの話です。
でも今は土地の価格は下落気味か現状維持です。
家は消耗品ですからどんな豪邸でも建てたその日から中古住宅になって
買った価格より値段は下がります。
という事は土地の価格が変わらなければ、家は買った瞬間から買った価格より
値段(価値)が下がるという事になります。
買った価格より下がってしまったら、家は持っているだけで不良債権にもなりうるという事です。
特に、家の資金計画を誤り、万が一家を売るようになってしまったら、買った金額では
売れないという事です。
何か回りくどい事を言ってしまいましたが、家を物として考えるとそういう事になります。
だから何が大事か?
家は物ですが、家族の将来の夢と楽しい毎日の生活がいっぱい
つまったモノでなければなりません。
将来何があっても家を売らなくてもいいような「家づくりライフプラン」としっかりした
「資金計画」が必要になります。

富士市中里「ナチュラルアンティーク」の家

関連記事

  1. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)玄関ドア性能

  2. もうすぐ、3月11日です。②

  3. 富士宮市富士見ヶ丘の現場では基礎工事が進んでいました。

  4. 鉄筋とコンクリートは互いに助け合っています

  5. 家のプランニング時に採用するインテリア・アクセサリー素材

  6. 伊豆の国市北江間の家のお引渡を完了しました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング