ひび割れにくい塗壁材とは

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は今進行中の工事現場より。
富士市中里「ナチュラルアンティークの家」では外壁の下地の塗りをしていました。


たまたま職人さんが抜けてしまっときに来てしまったのでわかりずらいと
思いますが、当社場合、外張断熱材の施工後に塗壁の下地塗を行います。
一般的には塗壁工事はまず下地材の上からモルタルというセメント系の
材料を使って塗ります。
ただこほ方法だとよくあるような外壁のひび割れなどが生じやすくなってしまうので
当社の工法では「外張断熱の EPS材」の上からアクリル系の収縮がきく
材料を塗っていきます。
その際ひび割れをよりしにくくする為にメッシュを塗りこんでいきます
ひび割れだけでなく、耐震にも有効です。

関連記事

  1. 家のプランニング(間取り)の進め方4 聞き取りから1/100縮尺図面提…

  2. 静岡市葵区新間の家のご紹介です。4回目最終です。

  3. 思案どころの日本経済

  4. 「これから家に求められる性能とは」健康編3

  5. 富士市神戸の基礎工事が進んでいます

  6. 基礎工事の進め方

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.02.16

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング