静岡市清水区ナチュラルアンティークの家」構造の検査をしました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
先日、静岡市清水区「ナチュラルアンティークの家」の家の構造の検査をしました。





住宅の場合、建築中の検査は3回あります。
一回目は基礎工事、鉄筋の配筋がしっかりなってるか、を見ます。
二回目は今回の躯体検査。建物の構造上必要な筋交い、や 補強金物が
しっかり入っているかを見ます。
三回目は竣工検査。完成した家が図面どうり出来ているか、を見ます。
今回は二回目なので建物の躯体検査です。担当の検査官が見てくれます。
検査は問題なく終わったようです。
完成してしまうと隠れてしまうところですからしっかり確認しておきたいところでね。
外部が終わってくるといよいよ内装工事に入っていきます。

関連記事

  1. 再考家の性能について(失敗しない家のプランづくりとは?)2

  2. 三島市塚原の材木屋さんに行きました

  3. 失敗しない家のプランニングの進め方 1

  4. 「母力向上委員会」さんと当社とのコラボで「家づくり初めの半歩講座」を開…

  5. 今日、当社の設計担当、中村の自宅の上棟です。

  6. 先進国はエネルギーをがぶ飲みしながら、発展してきました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング