屋根材の選び方

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
先日富士市今泉「ナチュラルモダンの家」の工事の進捗状況です。
現場では

ここからは見えませんが屋根工事が進んでいます。


当社の場合屋根は瓦の屋根が多いです。
それもセメント瓦ではなくて三州瓦などの焼き瓦。
ガルバニュームなどトタンやカラーベストなどスレート板などより耐久性が高く
なんといっても基本的にメンテナンスフリーで手入れもいりません。
(10年毎に瓦の目地に詰めてある漆喰などの点検は大事です。)
板金系やスレート系の材料の屋根は10年毎の塗り替えが必要です。
焼瓦は高価で建設費がかさみますが、建設費でお金をかけるか
10年後メンテナンスでお金をかけるかが、住む方の考えによります。
最近では耐震を考え、より軽い焼瓦なども出てきました。
屋根材一つをとっても、デザイン性や耐久性、耐震性などいろいろな観点から
見当が必要ですね。
屋根 焼瓦系  外壁 塗壁


屋根板金系(ガルバニューム合板)  外壁とも

関連記事

  1. 富士宮市宮原の家「ミニシアターのある家」の4回目です。

  2. 『かわいい家pohoto』に当社施工のおうちが掲載されました!

  3. 大ファン ♡

  4. 今日本は地震世紀に入っている

  5. お部屋の断熱工事をしませんか?

  6. 母力向上委員会さんのファミリーメッセ2012に参加しました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング