基礎の出来が家の強さを左右します。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市石坂「ナチュラルアンティークの家(平屋)」の工事の進行状況のお知らせです。
基礎工事の鉄筋工事が進んでいます。

工事完了後検査をします


基礎工事の要は鉄筋工事です。
鉄筋を整然とならべ、(当社の場合13mm鉄筋、土間建ち上がり部分とも
建て横20㎝間隔)組んでいきます。
建設工事の中でも後で絶対やり直しが きかない場所の一つです。
もし、ご自分たちの家を建てるなら、ハウスメーカーや工務店の
担当者に基礎の鉄筋の太さなどの仕様を聞いてみるのもいいかもしれません。
鉄筋検査後コンクリートを打ちます。

コンクリートが十分固まった後、型枠を外して基礎は完了します。

関連記事

  1. 再考家の性能について(断熱気密編)2

  2. 富士市伝法性能向上リフォームの現場ではインスペクションをしました。

  3. 先進国はエネルギーをがぶ飲みしながら、発展してきました

  4. 富士市北松野「仲良し姉妹がスクスク育つ家」は上棟しました

  5. 熱中症対策で考えたい家の性能

  6. 家を建てるなら消費増税になる前、後どっちがオトクか?

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング