地鎮祭をやる意味

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は当社の新しい現場のお知らせです。
富士市石坂「ナチュラルアンティークの家」です。

今は春、でも初夏のような暖かい日も多くなりました。
こんな季節に家を着工出来る事はとてもうれしくなります。
今日はまず地鎮祭




地鎮祭はこの地に家を建てるにあたって、この地に古くから住む
八百万の神様に建築の許可を取る意味と、ここに住まわれるお施主様の
ご健勝と子孫繁栄を願う神事。
今回は仏式で住職さんにいらしていただき、お祓いをしていただきます。
長いようであっという間の4ヵ月の工事期間だと思います。
工事が無事に終わって、お施主様にとって満足される家が必ず
完成するようにしていきたいと思います。
完成イメージ

平屋の家になります。

関連記事

  1. 家族の幸せを感じるとき

  2. オーナー様の家へのご希望をとことん実現した家

  3. 富士市伝法性能向上リフォームの家では内装の解体をしました。

  4. 富士宮市淀平で地鎮祭をいたしました。

  5. 家の耐震性能を再考する1 (構造計算の重要性)

  6. 「ライフプラン」を立てるための「大前提」

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング