地鎮祭の意味と意義

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日はこれから工事を着工する家のお知らせです。
富士市伝法で新しく着工する家の地鎮祭を行いました。



最近ずっと春の不安定な天気が続いていましたが今日は本当に
春らしい穏やかな天候に恵まれました。
地鎮祭を開催する意味はこの地に住まわれるご家族の繁栄と将来の
行く先々まで健康で安心して住まわれることを祈願することと
工事をするにあたって事故なく、無事完了するように祈願することです。
工事にかかる時間は長くても4か月、でもお施主様たちは家のお引渡しを
受けられた後、この地でずっと生活をされます。
何十年たとうといつまでも安心して住めるような家を気持ちを入れて
つくっていきたいと思います。

この家の完成イメージ

関連記事

  1. 「家のプランニング(間取り)の進め11造作家具が住む人らしさを演出する…

  2. 吉原商店街「宿場まつり」に行きました

  3. 屋根をスレート瓦、外壁を窯業系サイディングにした場合の生涯メンテナンス…

  4. パースがあった方がいいかなー

  5. 台風のさなか地鎮祭をしました

  6. 住宅ローンが完済する30年後、35年後にいくら貯金が残っているか?

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング