アンティーク窓から思う事

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は私の趣味の一つ「イングリッシュアンティーク」集めのお話です。
イングリッシュアンティーク集めといってもそんなに高価でも大それたことでもないのです。
自分が手掛けている家の部分にも使ってもらって味が出ればなと思って集めだしました。
集めたものは当社の見学会や装飾品としても使っています。
ネット上やたまたま入ったアンティーク家具のお店で自分が気に入ったものだけを
買っています。
今回買った「イングリッシュアンティーク」

知り合いの家具屋さんの「オンラインマーケット」で見つけました。
1900年頃の一般家庭についていたアンティーク窓らしいです。
色の褪せ方や今まで何回もメンテナンスの為の塗装の跡が
時代を感じさせます。
よく見ると細部は



ペンキが剥げ落ちたりしています。
家具屋さんに補修を頼むこともできましたが、家の経過を感じさせてくれるので
あえてそのままにしてもらいました。
この窓がどんな家族の家についていたのかとか?
どんな暮らしをしていたのか?
など思いめぐらすことが、アンティークの物を集める楽しみの一つです。

関連記事

  1. 東日本大震災を振り返る 3 (2016.11月)

  2. ご家族で家づくりを楽しむという事(お客様の声)

  3. 今年の年末年始はのんびり過ごしました。

  4. 母力向上委員会さんのファミリーメッセ2012に参加します

  5. Halloween

  6. 富士市厚原、バルコニーの防水工事が進んでいました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2020.06.29

      沼津の現場①

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング