家の耐震性を増しながら将来のメンテナンス費用を抑える塗壁材

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は当社で施工している現場の進捗状況です。
最近ですが富士市中里「親子の絆の家」では家の外壁部分の下地を左官屋さんが
塗っています。

施工の様子

外張断熱の上から塗壁の下地を塗っていきます。

当社の家は塗壁材が多いです。
左官屋さんが耐震用のメッシュを塗りこみながら下地を作っていきます。

下地ができたら乾燥後仕上げをします。
一般的なサイディングのようなパネル材と違い、左官屋さんが塗りこむ外壁材なので
目地ができません。
その為、目地交換などメンテナンスが不要となり費用を抑えられるという外壁材です。

関連記事

  1. 富士市石坂の家の完成現場見学会を開催しました

  2. 台風どうでした?

  3. 富士市柚木の現場上棟ですがその前に

  4. 当社では今、新しい当社の施工例を入れたカタログを作製しています。

  5. お部屋のイメージを演出するナチュラルインテリア2(腰壁編)

  6. 建築中の万が一を回避する保険

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング