資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

ご家族で家づくりを楽しむという事(お客様の声)

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は最近(去年11月)お引渡しを完了したお施主様より家づくりに関係する
メールをいただきましたのでお知らせしたいと思います。

今まで色々なお客様に接してきましたが、家づくりのきっかけはご家族によって
それぞれ違います。
だいたいはお子さんの就学に合わせて家づくりをされる方が多いですが、中には
お子さんの独立に合わせてや会社の定年、ご自身の独立などの第二の人生など。
いろいろな動機があります。
今回のお施主様はそのあたりや、家づくりを進めるにあたってのご自身が注意したことなどを
語っていただいているのでこれから家づくりをするご家族や、今進行中のご家族には
とても参考になると思い、公開させていただきました。
アスカ工務店様
 新居に引っ越してから二月余り。ようやく暮らしも落ち着いてきたので、
遅れ馳せながらお手紙いたします。
 
これまでを振り返ってみたいと思いますが、家を建てようかと漠然と考え始めてから
竣工まで四年ぐらいかかりました。その間、住宅展示場や見学会も数多く行きましたが、
どこに建築をお願いするか決めるのは本当に難しかったです。
どの工務店やハウスメーカーの住宅も文句のつけようのない性能を謳っており、
どこが適当なのか、素人の私にはとても判断できるものではありませんでした。
 
それでも、ぼちぼち考えていく中で、いくつかの条件が固まっていきました。その条件は、
(1) 地元の工務店にお願いする。
(2) 木造にする。
(3) 調湿性のある材料を使った壁にする。
というものです。
(1)について、私も妻も、そうでない場合の建築を経験していますが、
その際、施工業者との意思疎通に難点を感じたことを共通の意見として持っていました。
全国的に有名な会社に誠意がないというわけではないのでしょうが、
どうしても、会社と施主の間に距離ができてしまうのでしょう。
その点、地元の工務店であれば、同じ地元民として親近感がありますし、
話がしやすいでしょうし、スピーディーに対応してくれるのではないかと思いました。
(2)について、これは私どもの好みです。一時期、ログハウスを建てようかとも考えました。
色々調べていく中でログハウス案は却下しましたが(断熱性能が現在の一般的な家に
比べて劣ると聞きました)、少々未練はありました。
それならばということで、私としては、壁全体を板張りにしたいと思いましたが、
これは妻の好みにより却下されました。
 (3)についてですが、できるだけシンプルな構造の家がいいだろうと考えてのことです。
つまり、「ギミックの多いものは壊れやすい」という予断に基づいてみると
(あくまでも素人判断ですが)、壁の室内側を防湿シートで包みこんで換気扇で調湿するという
タイプの家は、換気扇という電気製品を一つ余分に使うことになりますし、外貼断熱の家は
、外壁の外に外壁をつくることになるようなので、その分複雑さが増します。
 
しかし、壁自体が調湿すれば、強制的に機械で調湿する必要はなくなりますし、
複雑な構造にしなくても壁体内結露しにくくなるだろうと考えたわけです。
 となると、断熱材の種類が限定されることになりますが、調湿性のあるものとなると、
セルロースファイバーや羊毛系などが一般的なようでした。
 そのような次第で候補となる業者は絞られてきましたが、それでもまだ、
どこに依頼するか決定打を見出せませんでした。
 では、なぜアスカ工務店さんに決めたのかというと、アスカさんの出入業者さんの言葉が、
優柔不断な私たちの背中を押ししたのかなと思います。
 私たちが初めてアスカさんの見学会に行ったときのことです。
駐車場係をしていた出入業者さんが、「僕はここの社員でもなんでもないですけど、
ここはいいですよ。お勧めです」と話しかけてくれました。口コミ情報は、一般的に
あまり信頼性の高いものだとは思えませんが、特別な内部事情を知ったような、
得した気分になるものなんでしょうね。しかも、業界の方が言うんだから間違いあるまい!
 とまあ、こんな調子でアスカさんへの信頼感は揺るぎないものとなり、
何となくアスカさんにお願いしようという流れになっていきました。
そして、足繁く見学会に通っているうちに、「ぼちぼち潮時か」と思い
プランニングをお願いすることになりました。
 それからは、週に一回、あるいは二週に一回くらいの頻度で打合せを重ねましたが、
何しろ妻が「じっくり考える」というか「じっくり迷う」人なので、牛歩の如き進み具合になってしまいました。
でも、そんな私たちにも、急かすことなく辛抱強くお付き合いいただき有難うございました。また、最初は大人しく打合せに付き合っていた娘が、段々慣れてくるにつれて、社長さんや清水さんになれなれしくまとわりつくようになりましたが、仲良くしてくれて有難うございました。
こうして、ついに家が建ってしまいました(家を持っていることが、未だに非現実的に感じられます)。
あれやこれや迷っている時間も楽しいものでしたから、もう少し遅く建ててもよかったのですが、
これも「時機」ということなのでしょう。特に後悔はありません。
 住み始めて二ヶ月経っての感想ですが、特に不満はありません。
木の香はやはりいいものですし、パインの無垢材や珪藻土の塗り壁も
目に良いと言うといいでしょうか。
特に、朝日が部屋に差し込んできたときの床や壁はとても素晴らしい表情をします。
この風合は、ビニールクロスや合板では出ないんじゃないでしょうか。
 一つ問題を挙げるなら「寒さ」でした(解決済)。
とはいえ、これは強調しておきますが、家の性能の問題ではありません。
むしろ、低めの室温でも不思議と寒さが柔らかく感じられるのですが、
これは家の性能のお蔭でしょう。
私たちの家は、もともと敷地南側の隣家がかなり近接しているので、
朝夕しか日が差し込みません。また、広い空間が欲しかったので、
家の中の仕切りが少なくなっています。
したがって、ある程度の寒さにはなるだろうと覚悟していました。
実際に住んでみると、やはりスペースがオープン過ぎて暖房効率が悪いと思いましたので、
最近、一部カーテンで間仕切りしました。そうしたところ、見違えるように暖房が効くようになりました。
それほど寒くない日なら、二十畳以上のスペースが小さなヒーター一つで十分間に合っています。
 以上が、現在までの顛末となります。これから家を建てようという方の
参考になる点が少しでもあれば幸いです。あと、私たちはオプション工事をかなり頼んだと思いますが、
予想以上に安く上がったことを付け加えておきます。
 最後になりましたが、社長さんはじめスタッフの皆様、
長々と私たちの家づくりにお付き合いいただき本当に有難うございました。
家を建てる過程は、本当に楽しいものでした。
じゃあ、もう一軒!と、はしご酒のようにはいかないところが残念ですが、これからも何かありましたら、
よろしくお願いします。頼りにしています。貴社のますますのご発展を念じつつ、筆を擱きます。




家づくりは家族の歴史を刻むイベントだと思います。
進めていくと、悩みは多いですが楽しく、そして完成しても、思い出に残るような
家づくりになってもらうといいですね。

関連記事

  1. 富士市岩淵の家の現場の様子を見てきました。

  2. 家づくりはたくさんのハードルをクリアーしながら進めていきます

  3. 私がブルーベリー農園を手伝う

  4. 太陽光発電採用? でもその前に

  5. 「一緒に考えよう 家づくり計画診断」セミナーを開催しました。

  6. 自由が丘の女神まつりに行きました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング