断熱材は選び方一つで家の寿命までも左右されてしまいます

こんにちはアスカ工務店遠藤です
先日、富士市北松野の家(仲良し姉妹がスクスク育つ家)では当社の一押し断熱材
「セルロースファイバー」を外壁と2階天井内に充てんしました。

現場では



セルロースファイバーは「新聞紙をチップ状にしたリサイクルされた
エコ建材です」断熱効果が高いだけでなく他にも家の為にいい
特徴があります。
おさらいでその特徴をお知らせすると
1、もちろん断熱性能が高い
2、家の中の湿気を調節する
3、ホウ酸が約20%入っていて防火性能がある
4、壁に直接充填する為、断熱欠損がおきにくい
5、エコ建材である。(原料は新聞紙、再生利用が可能)

セルロースは壁内に「パンパン」状態まで充てんされます。

断熱材は家が仕上がってしまえば見えなくなってしまって、気にしなくなること
が普通かもしれません。
でも断熱材の品質、性能は家に住むようになってから、日常生活の快適さを左右します。
一生住む夢のマイホームですから出来れば後で見えなくなってしまう事にも
気を使いながら家づくりをしていただければと思います。

関連記事

  1. 富士市比奈の現場は地盤改良中でした。(振り返り記事)

  2. 最近めっきり暖かくなってきました。

  3. 先進国はエネルギーをがぶ飲みしながら、発展してきました

  4. 今日は静岡市清水区沼田町の現場の事を書きます。

  5. 富士市厚原の「ちょうどいい家」 では断熱材セルロースファイバーの吹き込…

  6. 今、建築中のお施主様の家の案内をさせていただきました。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング