自分のお気に入りのカーテンを安く、そして自分好みに付ける方法

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は当社のお施主様が実践した自分のお気に入りのカーテンを
安く、そして自分好みに付ける方法をご紹介します。

まずはこちらの写真から

これは何でしょう?
そうです、カーテンのレールの部品です。
何を言いたいかというと、カーテンを自分たちでつける提案です。
なーんだ と言われそうですが、カーテンをインテリアショップで注文すると
一か所、取り付け費が 物によって¥2000 から ¥3000かかります。
これを節約します。
一か所¥2000なら10か所で¥20000節約できます。
でもここで大事な注意点があります。
それはカーテンを付けるところにビスがしっかり止まるように木などの
下地が必要です。
そしてこれは家の新築の場合大工さんに入れてもらいます。
下地の例

窓の上などカーテンが付く場所にしっかり木の板をいれます。
これがないとビスがきかないので、カーテンなど重たいものはつかないか
付けても後で下がってしまいます。
自分たちで付けたい場所にあらかじめ大工さんに頼んでおきます。
壁の下地はカーテンだけではなく、棚を後で付けたいとか絵を飾りたいなど
ビスなどを打つところは必ず必要です。

この下地さえ入っていれば、カーテンは自分たちでも十分付けられます。
必要な道具はビスをとめるドライバーがあればいいですが、できれば
充電式などの電動のドライバーがあればかなり楽です。
手回しのドライバーでは大変さで途中でいやになってしまう可能性が
あります。
おそらく新築の家を建てた場合、何かと電動式充電ドライバーは必要に
なるのでホームセンターで買われることをお奨めします。(¥20000から¥40000ぐらい)
でもこの仕事はご主人様の仕事になります。
過去の当社のお施主様は何人かは経験しています。
最初、慣れるまでが時間がかかりますがいっぺんにやろうと思わないで
小さい窓からやれば、だんだん慣れてきます。
最初は力の加減がわからず外したり、壁に傷つけたりするかもしれません。
でもそれも自分の家をよくするための事だと思ってご家族で楽しくやりましょう。

当社の家の珪藻土壁なら傷の補修は簡単です。
ご自分で付けたお施主様の例

関連記事

  1. これからの安心住宅って?

  2. セルロースファイバー断熱材充填しました

  3. カーサカリーナが雑誌「Emerson エマーソン」に掲載されました

  4. 今工事中の富士市伝法の家の様子を見てきました。

  5. 工事に先立ち大事なのは家全体の状況の把握です。

  6. 既存の間取りをどう変える?

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング