富士市松本の「こだわりアートコーナーのある家」の工事現場に行ってきました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

少し振り返りですが、富士市松本の「こだわりアートコーナーのある家」の工事現場に行ってきました。
ちょうど左官屋さんたちが、外壁の壁を塗っている最中でした。

当社の場合、外壁の仕上げは基本的に塗り壁です。
この塗壁は「EPS材」という外張断熱材の上から塗っていきます。

内壁の中には内断熱として「セルロースファイバー」を充填しますが、外側には
外張断熱をはります。この二つの断熱材を使うので「ダブル断熱工法」といっています。

EPS材は家を包みこむようにはります。

塗壁と言うとよく、お客様から「塗り壁材だと後で割れてきませんか?」質問を受けますが
この工法だと後で割れてくる心配はありません。

よくある外壁の割れ

それは外張断熱のEPS材が良くしなり、アクリル系のモルタルにメッシュを入れて外壁に
塗り込むので追従性があり、地震などで表面が破れたりすることはほとんどありません。

メッシュが入ったEPS材は曲げても割れない。

(2011年の3月11の東日本大震災後に3月15日に富士宮市で発生した大地震時に
 震源直下の万野原新田の当社のオーナー様の家は内壁こそ漆喰の為ヒビ割れは入りましたが
 外壁のヒビ割れは一切ありませんでした。)

外壁が仕上がるともうすぐ足場もとれ、家の全体像が見えてきます。
完成が楽しみです。

関連記事

  1. 玄関収納を考える

  2. ひび割れにくい塗壁材とは

  3. 富士市神谷ではでは地鎮祭をとりおこないました

  4. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)外部仕様を調査する

  5. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)屋根裏検査

  6. 富士宮市泉町の「ナチュラルアンティークの家」仲良し親子、2世帯家族とワ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング