家のプランニング時に採用するインテリア・アクセサリー素材

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は家のプランニング時に採用するインテリア素材の話を
書こうかと思います。

ただここで話題にするインテリア素材は家が完成した後に飾ったり
置いたりするものというよりは建築中に壁に組み込んだりする物を
対象にしています。
インテリア素材とアクセサリー (Interior material accessories)
1.ガラス
光や照明、時には風を優しく通してくれるガラス。
このガラスを取り付けるだけで、それぞれ個室にいても家族の気配が伝わり、
繋がりを感じながら過ごすことができ、安心して過ごせます。
ガラスブロックです。
大きさは10cmぐらいから15cmが多いです。
明るさもとれますが、乱反射した感じがインテリアの一部にもなります。


子供部屋のドア上に付けると子供が起きているかどうか?
気配も感じることが出来ます。

創作窓です。
これらはオーナー様がネットで見つけました。
お部屋のワンポイントアクセサリーですね。



換気も兼ねた回転窓
お部屋の中や廊下などにも付けます。



風を通しますが、ほのかな光も通します。
家の風の動線を計画することも出来ます。
次回はステンドグラスについて書こうと思います。

関連記事

  1. 構造を見なければ決められない 

  2. 「長屋門ダイニングSAKUYA」のリニューアルオープンのお知らせです

  3. 巣立ちの時…

  4. 今年もいよいよ終わりですね

  5. 長屋門ダイニングSAKUYAで会社の食事会をしました

  6. 東京に出張しました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング