省エネ住宅、高断熱住宅。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
ナチュラルアスカの家性能コンセプト


前回、住宅業界が今、ZEH(ネット ゼロエネルギー住宅)に進んでいるいう事を書きました。
ZEH(ネット ゼロエネルギー住宅)とは、家の断熱性を
上げ、太陽光発電などの再生可能エネルギーを発電し1年間に使う
1次エネルギーの消費量を正味(ネット)ゼロにする家です。

確かに、今の日本のエネルギーは海外からの石油の輸入に頼らざるえない現状を
考えた場合、将来上がるであろう電気代を軽減することは大きなメリットだと思います。
ただ、前回も言いましたが、家の性能や仕様を考えた場合、省エネだけに
焦点を当てていくのはなく、高断熱住宅からこそ受けられるメリットも大事だと思います。
(ここまでが前回までの話でした。)
ですから、これからは省エネ住宅と高断熱住宅を分けて考えたいと思います。
省エネ住宅
家の断熱性能を上げ、暑い夏や寒い冬などの外気温度の影響が弱まり
部屋が快適になると同時にエアコン等の冷暖房負荷が軽減され電気代などを
軽減することができる。
太陽光発電などの再生可能エネルギーの併設で一次エネルギー消費量を
ゼロ又は軽減できる家。


高断熱住宅
暑い夏や寒い冬の外気の影響を軽減できるだけでなく、部屋の温度差(天井部分と床)
部屋間の温度差(リビングと廊下やトイレなど)が軽減できヒートショックなどを予防する。
室温の外部への漏れである隙間風をなくす為に家の気密性を高め、換気システム
(第一種換気)を採用して室温管理をはかる。


省エネ住宅も高断熱住宅も性能や仕様などは近いのですが、目的が
省エネ住宅はエネルギーの軽減で高断熱住宅はエネルギーの軽減+室内環境を
良くし、日々の暮らしに快適性や健康面の病気の予防などを重視しています。
言い換えれば、省エネ住宅は断熱性など家本体の性能よりも太陽光発電などの装置に
重きを置いた家になる場合もあり、高断熱住宅は家本体の断熱性能に重きを置き
太陽光発電などの装置は、よりエネルギーを軽減するための二次的な装置と
考えています。
そして私の将来を考えた住宅のあり方としては、後者の家本体の性能を重視した
高断熱高気密住宅が大事ではないのかなと思います。

これから、これらの家の影響やメリット・デメリットなどの話を書きたいと思います。

関連記事

  1. 明けましておめでとうございます

  2. 今年もいよいよ終わりですね

  3. 石油は枯渇する?

  4. プロをうまく使おう

  5. 久々に松風堂小まんぢゅうを買って食べました

  6. 「長野県北部地震、新聞報道に驚いて現地を見に行く」4

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング