福島県いわき市に行きました3

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は「福島県いわき市に行きました」の三回目。
福島第二原発を見ながら海沿いの道を南に下りました。
昨日のブログでも書きましたが、工事の人以外の人はまれにしか見ません。

ただ、家を直したり道を直したり、新築している住宅があるので
だんだん人が集まってくるのかな?という印象です。
小さな分譲地ですが、住宅の基礎工事をしていました。

大規模な宅地造成

海岸近くの看板には津波が来た場所が明示されてます。


津波の影響か?海の家がかなり危険な状態で放置されています。
鉄骨の骨組みでかろうじて建っている感じです。



塩屋崎灯台まで南下しました。
このあたりに津波で街全体が壊滅的になってしまった薄磯地区があります。
薄磯地区津波被災後(ネット画像より)

薄磯地区被災前(ネット画像より)

今は大々的な開発をしています。


今回の福島県いわき市を海岸沿いを北から南まで見てみて
いろんな意味で考えさせられました。
まず、考えたのはこれは福島県に行こうというきっかけにもなりましたが
新聞に掲載されたハザードマップです。

これを見ると今自分が住んでいる静岡県が近い将来かなりの確率で大地震が起こる
気がしてきました。
家を建てているものとして来るべき大地震に備えて何をしていけばいいか?
いろいろやることがありそうです。
話は変わりますが塩屋崎灯台は以前のブログでも書きましたが「美空ひばり」さんの碑が
あることでも有名です。

関連記事

  1. 屋根は家の外観のイメージをいろいろ表現してくれます

  2. 花壇に植えた「ひまわり」の芽が出ました

  3. 住宅購入を検討するタイミングこそライフプランを考える時です1

  4. 富士宮市外神の現場の工事進行状況を確認してきました

  5. サイディングの欠点1?

  6. 田子の浦港の「しらす祭り」に行きました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング