函南町増築の現場より

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は昨日の続きの函南町増築の現場より。
増築をする場所はもともと駐車場のためコンクリートの土間になっています。
駐車場の土間は基礎の土間と違い鉄筋も入っていなことが多く、車だけの
荷重に耐えれればいいのであまり厚くつくってはいません。

その為、構造も強度がわからないので家の荷重を支える保証が無いため
最初に家が乗る場所は全部壊してしまう必要があります。
その後、新築の家と同じように地盤調査をし地盤の強度を確認してから
基礎をつくる必要があります。


これでコンクリートを打ってしまえば独立した増築部分の重さに耐えれる
基礎が出来ます。
基礎ができた後、家を建てる前にやっておくことがあります。
それは既存の母屋と建てる増築の家との連結部分の開口です。
今回必要な開口は母屋からの侵入部分と母屋と増築部分を一体化させる
補強部分の開口です。
家を建ててから開口することも可能ですが、家を建ててしまうと密閉されてしまうので
解体時に大量にでる埃の為現場が汚れてしまうことを避けたかったからです。

この開口作業は解体屋さんに依頼しました。



母屋から増築部部へのアプローチ開口は増築部分がある程度出来てから
開けます。先に開けてしまうと危険だからです。
この作業後増築部分を上棟(家の骨組みを組む)します。

関連記事

  1. 富士市岩淵の家では上棟(家の骨組みを組む)を完了しました

  2. 北松野「仲良し姉妹がスクスク育つ家」では構造の検査をしました

  3. 土地から求めて家づくりをする方たちは家のプランにどれ位時間をかけている…

  4. 家づくり三つの掟

  5. 消費増税前、迷う住宅購入時期

  6. 富士市中里の家もうすぐ完成です

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング